ベイマックス 癒やしセリフ10選!

スポンサーリンク

最愛の兄を事故で失った少年ヒロの前に現れた不思議なロボット・ベイマックス。

兄の死の真相を知ったヒロは世界を揺るがす悪の脅威にさらされてしまうことになります。

ベイマックスの外見も丸っこくて癒やし抜群ですが、その身体から出される口癖にも癒やしの連続でした。心を奪われたのではないでしょうか?癒やされたセリフ10選を見ていきましょう。


「ベイマックス」感動したパラ~♪癒やしパラ。

スポンサーリンク

ベイマックスのあらすじ

14歳のヒロはロボット工学の天才。幼い頃に両親を亡くし、大学生の兄・タダシと共に叔母のキャスに育てられた。

類まれな頭脳を違法なロボット・ファイトに費やしていたが、タダシのお陰で夢に目覚め、無限の可能性を持つロボットを開発した。

大学の研究発表会で注目を浴び、タダシの恩師・キャラハン教授から大学への飛び級入学を許可。

しかしその夜に大事件が会場で…、火災が発生した。教授を救おうとしたタダシが命を落としてしまう…。

「声優」

  • ヒロ …本城雄太郎
  • ベイマックス …川島得愛
  • タダシ …小泉孝太郎
  • キャスおばさん …菅野美穂
  • フレッド …新田英人
  • ゴー・ゴー …浅野真澄
  • ワサビ …武田幸史
  • ハニー・レモン …山根舞
  • ロバート・キャラハン教授 …金田明夫
  • アリステア・クレイ …森田順平

ベイマックス癒やしのセリフ集

ベイマックスの癒し名セリフを見ていきましょう。

Hello. I am Baymax, your personal healthcare companion.
「こんにちは私はベイマックスです。あなたのパーソナルケアロボット(仲間・相手)です。」
=兄を失っても仲間がいる。あなたの健康を守ることが私の役目です。
=兄タダシの人を助けるロボットが作りたいという情熱が感じられます。

 

On a scale of 1 to 10, how would you rate your pain?
「1から10段階でいうと、どれくらいの痛みですか。」
=複雑な人間の感情をロボットコンピューターらしい”パラメーター”で判断します。すぐよくなりますよ。よしよし
=タダシの死にショックを受けてしまい、ふさぎ込んでいるヒロを励まします。落ち込んでいる時にこのセリフを言われながら抱きしめてもらえれば心の傷も癒えること間違いなし。

 

It is all right to cry. Crying is natural response to pain.
「泣いてもいいんですよ。泣くことは痛みに対する自然の反応ですから。」
=人間は理性があるため感情を周囲に悟られないように抑えようとします。でも辛い時は我慢をする必要なんてないのです。泣いたらいいのです。自然の反応ですから

 

「わたしはベイマックス。あなたと数えきれないほど出会い、そして別れを経験しました。そして私はまたこう言うのです。はじめまして。」
=出会いと別れ。生きて行く中で何度も繰り返される事柄です。

 

Always wait one hour after eating before swimming.
「食後、1時間は絶対に泳がないでください。」
=安全と健康を第一に考えてくれるケアロボット

 

Hiro… I will always be with you.
「ヒロ、私はいつもあなたと一緒です。」
=どんなことがあっても決して見捨てないし裏切らない、あなたのそばに一緒にいる。

 

Size doesn’t matter, performance does.
「大切なのは大きさではなくパフォーマンスです。」
=見かけではなく、中身が大切。

 

I cannot deactivate until you say you are satisfied with your care.
「あなたがケアに満足している”もう大丈夫だよ”と言うまで、私は機能を停止することができません。」
=一人で生きていける自身がつくまで私は安心することが出来ない。

 

ベイマックス「パララララララ」
ベイマックスとヒロが友情を確かめるようなセリフに「パララララララ」があります。劇中にもちょくちょく出てきますが、とても真似したくなります。

 

Please. No. I can’t lose you too.
「お願いだから。やめて。君まで失うことなんてできない。」
Hiro, I will always be with you.
「ヒロ、私はいつだってあなたと一緒です。」

ベイマックス × 鉄拳 パラパラ漫画で泣けるエンドロール動画

まとめ パララララララ

このセリフなんて5秒くらい涙止まらりませんでした。

Please. No. I can’t lose you too.
「お願いだから。やめて。君まで失うことなんてできない。」

 

Hiro, I will always be with you.
「ヒロ、私はいつだってあなたと一緒です。」

ヒロは兄を既に亡くしているので、ベイマックスまで失いたくありませんでした。でもベイマックスは投げかけた。

I am satisfied with my care.

「ベイマックス、もう大丈夫だよ」

ヒロとベイマックスは離れ離れになりました。でも、ヒロが成長した瞬間でした。またいつか「はじめまして」と言ってくれる日が来るかもしれません。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

関連シュガー・ラッシュ(映画)のヴァネロペが可愛い!

タイトルとURLをコピーしました