干支に猫がいない本当の理由は?ネズミじゃなかった!?

干支にネコがいないのはなんで?「4コマ漫画」
スポンサーリンク

ねうしとらうーたつみー…。

日本のお正月といえば『干支』。今年は何の動物だろう?と毎年のように考えてしまいます。干支には多くの動物がいますが、ねずみも牛も犬も鶏も日本人に身近な動物が多くいます。

でもなぜか人の近くにいて米などの貯蔵庫をねずみから守り追い払う大切な役割をしていた猫がいません。どこにいったニャー?

[st-kaiwa4]ぬぉ?干支に猫がいないパラ。どういうことパラ?寝ているパラ?[/st-kaiwa4]

干支に猫がいない仮説

来年の動物はなんだろう?動物には12種類います。この中から来年の動物が選ばれる。しかも順番通りに訪れ12周期を境に再び最初の動物に戻ってくる。

干支(十二支)。

お正月を迎えるたびに神社にいくと必ずその年の動物をモチーフにしたお守りが置いてあります。ここで初めて今年の動物を知る人も少なくないのでは?

「僕、ねずみ年!」

「わたし鶏♪」

「俺は虎だぜ!」

自分の動物を言うことで年齢がバレてしまう高等トラップがあります。うっかりとその罠にひかかると西暦を割り出されて危険。とくに年齢を偽っている事情持ちの人は気を付けたほうがいいでしょう。

干支にはいろんな動物がいますが、「猫」がいません。猫は日本で代表的な動物です。犬に次ぐ、いや、犬よりも人気が高い調査も出ているほど。干支には犬が入っています。しかし猫は入っていない。どういうこと?

日本人の性格上、「犬→猫→小動物→家畜=野生動物」と思い出す動物の順番をあげる人も多いです。まずは干支に何がいるのかを改めて確認してみましょう。


  • =鼠(ね)

  • =牛(うし)

  • =虎(とら)

  • =兎(う)

  • =竜(たつ)

  • =蛇(み)

  • =馬(うま)

  • =羊(ひつじ)

  • =猿(さる)

  • =鶏(とり)

  • =犬(いぬ)

  • =猪(い)

ねーうし・とら・うー・たつ…。辰まではリズミカルに言えるのですが、その先はあやふやに覚えている人も多いのでは?改めて見るとさまざまな動物がいます。

でも疑問に思わないでしょうか?実在する動物の中に「辰」という「竜」が存在していることに。ドラゴンボールを集めるとシェンロンが登場するくらいです。昔はいたのかもしれない?

そして他の動物たちは日本人に比較的近い距離にいる動物達で、遠い国にいるライオン・ヌー・シマウマなどの動物は見当たらりません。

猫もやはり確認することができない。猫といえば米などの貯蔵庫をネズミから守るために使われていた歴史があります。人に近い生き物のはず。ますます疑問が膨らんでいく。いったいなぜ猫は干支にいないのでしょうか?

猫が干支にいない仮説を考えてみた。

  • 猫は干支の存在自体を知らない
  • UFOにさらわれた
  • そもそも干支に興味がなかった
  • 猫が嫌われていた
  • 何かしらの反則負けをして退場した

UFOはなかなかよい線をついていると思いますが、いまいちしっくりはこない。実は干支の動物の中に猫がいない理由はいくつかの説があります。干支がなぜできたのかを知ることが大切です。

中国発祥の干支

干支は中国の殷時代に誕生したと言われています。はやりこういうのはすべて中国原産。そもそも干支に「竜」が入っています。薄々は気付いていた…。日本で竜といえば「シェンロン」か「日本昔ばなし」の龍しか浮かばない。

干支は「十二支」。つまり12年。

これは天を一周する木星の軌道上の位置を示すために作られたのがはじまりになります。

古代エジプト人はピラミッドのお墓を作るために太陽の位置を計算していました。古代マヤ人も太陽や宇宙の動きを計測していました。そんな中で古代中国人は木星の動きを追っていたのです。

みんなが月や太陽に見とれている中で木星を見ていました。古代中国人は木星の動きを見ながら「月」や「時間」を測るために計測していたのですが、なぜ中国人は時間を表す表現に干支という動物を使うことにしたのでしょうか?

その理由は、民衆に干支の存在を知ってもらうため。

12周期で時間が元に戻ってくることに気付いた中国人は民衆にも知らせようと、当時の中国人になじみの深い動物に年を置き換えることで覚えやすくしていました。

頭がいい。

学業などの概念がない時代。新しい言葉を多くの国民が覚えるのは大変な作業がいります。そこで元からある言葉に置き換えることで覚えやすく、そして認知も高まりやすくしていました。

ここで疑問に思いませんか?

なじみの深い動物を割り当てたのです。当時の中国に猫はいなかったの?現在の中国では賛否が分かれながらもテーブルの上に猫が置かれるほど身近なものになっています。日本でもミニブタをペットにしている人は少なくないのですが、似たようなものでしょう。

干支に猫がいない説はいくつかあります。それぞれの物語を見ていきましょう。

神様の集まりでネズミが猫を騙す

幼い頃から教育テレビ・Eテレ・絵本などを通じて日本人の間でよく知られている物語が「神様による動物のレース」。内容を覚えていますか?

昔々、そのまた昔、ず~とず~と昔の話。

森の奥からなんだか賑やかな声が聞こえてきました。そこにいたのは動物達。その動物達が目を向けている先にいたのは「神様」。神様が何かを話しています。

神様「1月1日の午前0時までにこの神社に集まるのじゃ。先に集まったものから12番目までを干支にするぞよ」

動物「うぉおおおおおお!」

動物たちは来る日に向けてやる気を高めていました。中には筋トレをしていたものもいるかもしれません。中には重たい体重を減らすためにグリーンスムージーを飲んで痩せていたかもしれません。それぞれがそれぞれの方法で干支に入ることを狙っていました。

それはネズミも一緒。

ネズミはどうしても1番に到着したかったのですがネズミは悩んでいました。集まった動物の中で一番小さなネズミはそれだけで不利。大きな動物の1歩がネズミの100歩になる。これでは1番になることができない。ネズミは考えます。

ネズミ「なにかいい方法はないチュ~?」

ネズミが考えているそんな中、早起きが苦手な猫は焦っていました。神様の集まりがあることは知っていました。でも、寝坊をしてしまったため集まりに参加をすることができなかったのです。

なんてことだ。大事な神様の話を聞くことができなかった。焦っている猫。そんなときに耳のいい猫は干支の噂話を耳にしました。

猫「干支にゃ?」

猫は気になって気になって仕方がありません。そして仲良しのネズミのところへいきました。

猫「干支に選ばれるにはどうしたらいいにゃ?」

ネズミは「それは」の「そ…」の時点で悪知恵を思い浮かべます。ネズミの顔は詐欺師の顔のようにニンマリ。どこからどう見ても悪いことを考えている顔。

ネズミ「あーあれね。1月2日の午前0時に神社にいけばいいチュ~。1番目から12番目までが干支に選ばれるチュ~」

ひどい…。平気な顔をして猫を騙してしまいました。干支選びがあるのは1月1日だ。1月2日ではありません。

でも、猫はそんなことを知る由もない。ネズミにお礼をいって帰っていきました。ただ猫には不安なことが1つあります。寝坊助だということ。このままでは寝坊をしてしまい干支に選ばれない可能性もある。

猫は考えました。そして出した結論は「寝ない」。

どうしても干支に選ばれたかった猫は1月2日の午前0時まで寝ないことを決めたのです。猫は極端でした。この極端な性格がツンデレを生んでいるのかもしれません。早起きが苦手な猫はず~っと起きていれば1番になれると考えていました。

ネズミもネズミで1番になりたかった。

ネズミはただでさえ身体が小さくて不利。早く出発しても他の動物の数倍、数百倍、数千倍の時間がかかってしまう。1番になることが難しい。そこで少しでもライバルになる動物を減らそうと猫を騙しました。

しかしこれでは1匹減っただけ。1番になれない問題は何も解決していません。再びネズミは考えました。

ねずみ「まんまと猫を騙せたチュ~。でもこのままじゃ1番になれないチュ~」

ネズミは牛の元へ向かいます。牛は朝起きるのが早い。牛は足が遅いため早く出かけると考えたネズミは牛を利用できるのではないかとまた悪知恵を働かせたのです。

ねずみ「1番乗りを牛に譲るから、背中にのせて運んでくれないでチュ~か?」

牛「いい取引だモ~。その話にのったモ~」

牛にはなにもメリットがない。ただネズミを乗せて運んであげるだけ。牛は呑気な性格をしていました。ネズミは今世紀最大のニンマリ顔になった。もはや悪の帝国のラスボス。

そして運命の日を迎えます。

牛は約束通りにネズミを背中に乗せて神社を目指しました。周囲は暗く他の動物たちは見当たりません。牛とネズミは急いで神様が待つ場所へ走り抜けていく。

そして神社が見えてきました。

牛「やったモ~!1番になったモ~」

干支で1番を取ることができるという喜びから牛の顔はヨダレまみれで大変なことになっています。ヨダレかけを最初につけて走らせておくべきだった…。

そのとき!

ねずみ「おっつかれさ~ん♪」

牛「モ~!!!!??!??!?!」

なんと牛の背中にのっていたネズミが牛の頭にポンと飛び乗り、そのままジャンプして1番最初に神社をくぐり抜けてしまったではありませんか。

牛「モ~嫌・・・」

かわいそうな牛。利用されるだけされて最後はこれ。ネズミはこれまで猫と牛を騙してきました。神様はきっとそれを見ているはず。他のおとぎ話に登場する神様はズルをした人に対して罰を与えます。ここでどんでん返しをするのが通常の流れ。

神様「よくやったネズミ。君が1番だ。干支の最初は鼠だ」。

か・神様!?この話に登場する神様は他の神様とは少し違うようです。1番を告げられたねずみは大喜びをしました。そして牛は2番目になりました。

他の動物たちも続々と神社をくぐり抜けていくのですが、神社の遥か彼方で犬と猿が喧嘩をしているようです。

どうやら犬と猿は仲良く神社を目指していたのですが、自分が1番になろうとお互いの足を引っ張りあってしまい喧嘩に発展したようです。猿は犬を置いて神社に向かってしまいました。そして遅れをとってしまった犬は鶏にも抜かれてしまいようやくゴール。

仲良く神社に向かっていれば鶏に追い越されることはなかったのに。犬は猿が許せなくなりました。逆切れも入っているかもしれません。神社についた後も猿と犬は喧嘩をしていました。

犬猿の仲は今でも続いています。

そして最後にイノシシが神社の入り口をくぐり抜けたことでレースは終了。干支が決まりました。

何かを忘れていませんか?

猫。猫はまだ起きていました。1月2日のために目が充血しながら起きていたのです。ついにそのときがきました。眠たい目をこすりながら神社に向かう猫。周囲には動物がいない。楽勝で1位を勝ち取ることができると猫はこれまでの努力を振り返りながら浸っていました。

神社に到着する。

猫「やったニャー!1番ニャー!・・・にゃ?」

猫は違和感を覚えます。神様もいなければ動物は誰一人としていない。どんなに待っていても神様も姿を見せなければ動物もやってこない。

猫はだんだんと不安を感じだしました。なにかがおかしい…。そう感じた猫は眠っていた小鳥さんを起こして聞くことにした。

猫「どうなってるにゃ?」

小鳥「へ?干支は終わったやん。昨日でっせ。1番はネズミにきまったんや。しらへんのかい?」

猫「にゃぁあああああああああ!!??!??!?!!?!」

猫は騙されていることに気付きました。しかし気付いたときには時すでに遅し。猫は顔を真っ赤にしながらネズミのもとへ文句を言いにいきます。するとネズミの言葉は意外なものでした。

ねずみ「やっと気づいたチュ~?騙された猫が悪いチュ~。神様の集まりに寝坊した猫が悪いチュ~。チュ~♪チュ~♪チュ~♪」

猫は言葉を失った。あまりにも冷たい態度、そして騙したネズミへの嫌悪感。猫はネズミに怒りを爆発させました。そ

れ以来、猫がネズミを追いかけるようになったそうな。

お釈迦様が猫が原因で亡くなった説

昔々のお話。

お釈迦様は高齢でした。その年齢は80歳を迎えています。身体も弱りいつ病気におかされてもおかしくない年。

ある日、お釈迦様はキノコ料理を食べました。それはもう絶品の激うまのキノコ料理。しかしすぐに異変が身体を襲います。

お釈迦様が急に苦しみだしました。キノコ料理を食べたキノコ中毒によるものでした。むやみやたらにキノコを食べるべきではありません。中には毒キノコも混じっているのです。

お釈迦様が口にしたキノコは運が悪く毒キノコ。お釈迦様はネズミに薬をとってくるように命令をしました。薬があれば中毒症状を和らげることができる。ネズミは迷うことなくお釈迦様を救うために薬をとりにいきます。

しかしその途中で運悪く天敵である猫に遭遇。

猫はネズミの事情なんて知る由もありません。逃げ回るネズミを追いかける猫。猫はそのままネズミを食べてしまいました。猫は満足してどこかへ行ってしまった。

そうなると困るのがお釈迦様。お釈迦様はネズミの帰りを待っていました。しかしどれだけ待っても帰ってくることはありません。お釈迦様は届くはずのない薬を待ち続けながら死んでいきました。

猫は神様に嫌われてしまったのです。干支に猫をいれることは許されませんでした。

猫がいない中国

この話は現実的な話。そもそも干支ができたときに中国に猫がいなかったのでは?という話です。

国にはその国を象徴する動物がいることが多く、日本では錦鯉とキジ、オーストラリアではエミューなど。

猫を象徴する国として知られているのはエジプトです。。古代エジプト人は猫を神様のように崇めていました。当時のエジプトの力は大きく、エジプトは栄えていたのですが、周辺国は貧しい状態に陥っていました。

そのためエジプトにはいい印象がありませんでした。それはエジプトの象徴ともいえる猫に対しても同じ。

周囲国で猫を飼う人はいません。嫌いな国の動物をわざわざペットで飼育するもの好きはいなかったのです。

紀元前30年頃まで飼育されていなかったと言われています。ローマ帝国の巨大な力によりエジプトが滅ぼされるまで猫の存在を世界の人たちはあまり知りませんでした。

ようするにエジプトの周辺国が猫という動物を広めることに対してストッパーの役割をしていたというわけ。

アジア圏にある中国にも猫の存在は伝わりません。知っていたとしてもほんの一握りだったでしょう。

中国が干支を作った理由は庶民に知名度がある動物。庶民が知らない「猫」という謎の生き物を干支にすること自体がありえない話になります。つまり干支に猫を入れるという概念自体がそもそもなかったということ。中国は猫というより虎が先にいました。

  • 干支の誕生は紀元前4世紀頃
  • 猫の伝来は紀元前3世紀頃

これを見るとやはり中国の人たちにはそれほど知名度が広まっていないと考えるのが一般的です。昔はテレビもネットもありません。口コミで広めるには時間がかかります。

ベトナムなど海外の干支には猫がいる

日本で干支と聞くと日本と中国をイメージしやすいのですが、実はチベット・タイ・ベトナム・ベラルーシにも干支が使用されています。

しかもウサギがいません。ウサギがいない代わりに登場するのが「猫」。中国ではウサギのことを「mao(マオ)」と読みますが、ベトナム語は「meo(メオ)」に近いことから猫が使われた説があります。

またベトナムでは米などの貯蔵庫をネズミなどから守ってくれる猫は身近な存在にいました。うさぎよりも猫のほうが国民にわかりやすかったのです。

日本の干支に猫がいない理由

日本の書物に初めて「猫」が出てくるのは奈良時代だと言われています。当時の猫はネズミをとって捕まえるだけの存在。

しかしその可愛らしい顔と仕草に心を奪われた人がいたのでしょう。江戸時代になると猫をペットとして飼う人が増えていきました。

日本に干支が入ってきたのは550年ほど前。古墳時代から奈良時代になります。猫が日本に入ってきた時代。日本人は猫という存在をしらない人が多かったため、そもそも干支に猫をいれる考えがなかったのではないでしょうか。

「PR」カリカリマシーンSP
(会社や旅先から猫犬にスマホでごはん!見れる話せるスマホ遠隔ペット給餌器)

まとめ 干支にはいろんな物語が隠れている

今では世界中に猫が溢れています。猫という動物を知らない人はほとんどいません。猫が犬のように遥か昔から人の身近にいて過ごしている存在だったら確実に干支に入っていたでしょう。

そしてアフリカの文化で干支があるとしたら、ライオン・キリン・象・カバなどの動物が使われていたかも。

[st-kaiwa2]干支はおもしろいパラ。いろんなドラマがあるパラ。パンダ年はないパラ?[/st-kaiwa2]

【関連】お年玉の相場、年齢別の平均はいくら?

タイトルとURLをコピーしました