面白い雑学

イチゴの種と果実はどこの部分にあるの?

2019年1月19日

イチゴのまわりにある種のようなブツブツ…、実は種ではないって知っていましたか?だとしたら種は一体どこにあるのでしょうか!?

「甘くておいしい~」と言って食べている赤い部分は、実は果実ではない!?

もやパンダ
イチゴの真っ赤な実はきれいパラ~♪

イチゴの秘密

イチゴの赤い実は、花托(かたく)と呼ばれているもので、実ではありません。チゴの赤い実は「花托(かたく)」です。イチゴの実ではありません。

花托とは

花たくは、おしべやめしべ、花びら、がくを乗せる台のようなもの。イチゴの赤い部分はいろんなものを乗せる台になっています。

イチゴのつぶつぶの正体とは

イチゴは種がありません。しかし、赤い部分をよく見るとつぶつぶした種のようなものがあります。

イチゴの表面についてるごまのようなつぶつぶは、いちごの子房にある痩果(そうか)です。実は、これが本当のイチゴの実の部分になります。


(出典:yasmno.com)

いちごを食べて甘いと感じる部分は、花托が肥大化してできたものです。真の果実ではないことから偽果とも呼ばれています。

いちごのつぶつぶは痩果(そうか)と呼ばれ、いちごの果実に当たります。そして、個々の痩果の中に胚珠の種子が入っています。つぶつぶは実でもありますが、種でもあります。

一般的には「つぶつぶ=種」でも差し支えありませんが、雑学的には別々に答えるとよいでしょう。

まとめ イチゴの種が実だった

イチゴのつぶつぶが果実で、その中に小さな種が入っています。

もやパンダ
イチゴ面白いパラ。実がたくさんあるパラ。

【関連】バナナやイチゴの缶詰がない理由

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.