台風のときに野生動物たちはどこにいるのか?

台風の時に野生動物はどこにいるの?「4コマ漫画」
スポンサーリンク

台風の時に暴風雨で吹き荒れる中、人間は家の中など建物へ避難しますが、動物はいったいどこにいるのでしょうか?

鳥は風を味方につけて飛んでいますが、想定を超える風になるとコントロールができないので飛ぶことができなくなります。そうなると飛んで逃げることができません。

実は人間同様に動物もいろんな場所に避難をしています。

[st-kaiwa4]猛烈な台風が来たら鳥は飛べなくなるパラ。台風の時に鳥はどこにいるパラ?[/st-kaiwa4]

台風の時に鳥はどこにいるのか

野生動物も人間が避難するのと同じように、台風がきたら隠れてそのときがくるのを耐えながら過ごしています。

どこに避難しているのでしょうか?動物や地形・環境によって、雨風をしのげる場所は変わってきます。

鳥の中でも人間に身近なスズメたちは、『人家』や『ビル』のすき間などの安全な場所をすみ家にしています。この隙間は雨を防げますが、風も防ぐことができるためスズメにとっては格好の隠れ家になっています。

奈良の鹿もちゃんと台風から隠れています。奈良の鹿は野生ですが、人間と身近な場所で暮らしをしています。

そこで、人間のエリアの中で雨風をしのいでいるのです。『車の下』や『公営住宅』・『階段』…、人間の世界には隠れるところがたくさんあります。


(出典:rr.img.naver.jp)


(出典:livedoor.4.blogimg.jp)

台風時の野生動物の避難先はどこ?

人間のエリアに入らない森の中に住む野生動物は、『なるべく風を遮るような崖の間や林、木の生い茂った所を探してもぐりこみ避難したり、群れで葉陰に寄り添ってじっと枝をつかんで止まっています』。

一匹だと風に対する支えが弱くても、集団でまとまれば強い力になるのです。そして、冷たい雨から体温を保存することもできます。

台風時の魚類の避難先はどこ?

水の中の世界はどうなのでしょうか?魚はどこにいるのでしょうか?川で暮らす魚の場合は激流になり流されてしまいます。

実は、川にも『ワンド(地形)』や『テトラ』があるためそこに避難しています。動かない石と石の間にもガッシリと身体を固定して流されないように隠れているのです。

海の魚はどうなのでしょう?海の魚は『水深が深い場所』へ移動します。

「PR」防災士厳選の防災グッズ43点セット

まとめ 台風がきたら動物は避難祭り

[st-kaiwa1]野生の動物たちも人間と同じように台風から避難していたパラ!野生の動物たちは本能で危険がわかるパラ![/st-kaiwa1]

【関連】防災の日はいつ?備えるグッズ

タイトルとURLをコピーしました