健康

肌にできる白いポツポツの正体はニキビ!原因と治し方

肌にできる白いポツポツの正体はいったいなに?

日常的についやってしまう「ほおづえ」がニキビの原因になることもあります。対処法を見ていきましょう。

肌にできる白いポツポツの正体とは

白いつぶつぶ。細かいし痛くないのなら、大きなニキビとは違い放っておくことも多いです。この小さなブツブツは、ある日出現して急になくなったり日々変化しています。

いったい正体は何なの?

実は、お肌の白いブツブツの正体は「ニキビ」の一種になります。顔だけではなく乾燥したり、生活習慣でホルモンバランスが崩れたりすると、二の腕に白ニキビができることもあります。

顔よりも腕にブツブツができる人が多いかもしれません。ニキビには種類があり段階があるのですが、どんどん菌が繁殖して皮膚の状態が悪化していくごとにステージがあがります。

  • ステージ1
    菌が繁殖しているもののまだ目に見えない微小面皰
  • ステージ2
    初期段階のニキビ・白ニキビ
  • ステージ3
    黒ニキビ
  • ステージ4
    赤ニキビで炎症し悪化したニキビ
  • ステージ5
    黄ニキビで化膿したニキビ
  • ステージ6
    クレーターなど更に悪化したニキビ

白ニキビは大人によく見られるニキビで閉鎖面皰とも呼ばれています。毛穴の角栓によって閉じてしまい皮脂が詰まっている状態です。

放っておくと次のステージに上がり、ニキビが喜ぶアクネ菌が増殖。

皮脂や角質が溜まって菌が増殖していくと、かゆみが出たりする場合もあるため、白ニキビは気に留めておきたいもの。目の周囲にできる人もたくさんいます。直径1~2mm以内の袋で中には角質が入っており、白色の小さな粒のように見えるのが特徴です。

顔に出来るブツブツは、皮膚の浅いところにできた古い角質の固まり、稗粒腫、湿疹、顔面毛包性紅斑黒皮症などの可能性があります。稗粒腫は、目の下等にボツボツとしたブツブツが出来て、痛みやかゆみなどもないのが特徴。放っておいても通常問題ないとされています。

ちなみに、顔面毛包性紅斑黒皮症は「メ肌」とも呼ばれているのですが、皮膚が固くなり毛穴も固くなる体質のものです。子供の頃によく見られることがあり、大人になると改善される場合が多いです。

稗粒腫の治し方

顔の白いポツポツは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」の場合があります。稗粒腫は、主に目の周囲に生じる直径1~2mm以内の袋で中には角質が入っています。白色の小さな粒のように見えます。

放っておいても通常問題はないのですが、治療法はあります。治療法は角質の塊を外に排出する形になり、ニキビの膿を出すような器具で一つ一つ押し出して取っていきます。

痛みを伴わないため自分で行う人もたくさんいるのですが、やっぱり怖いですよね。不安な人は皮膚科や形成外科で治療すると安心です。

また、稗粒腫の数が多いとレーザー治療などを用いることもあるので最初に医師と確認しておくと安心。

スポンサード リンク

白ニキビができる原因

そもそも白ニキビはなぜできてしまうの?

原因はいくつか考えられます。

乾燥肌

肌が乾燥しているほど、肌の中の水分が抜け出来やすい傾向があります。これは乾燥により肌のバリア機能が弱まると、角質が剥がれやすくなり角栓が毛穴に詰まってしまうため。

ストレス

普段の仕事や学校等でストレスが溜まっていると、肌に影響を受けます。ストレスで身体や精神的に負担をかけると、ホルモンバランスが崩れてしまうため、「アンドロゲン」という男性ホルモンの分泌が盛んになります。

生理中

排卵から生理までの間にホルモンバランスが変化しやすくなるため、白ニキビがでやすいです。生理前には黄体ホルモンが優位になるために、体調や肌の調子が悪くなったり、ニキビも出来やすい状態へ。

化粧残りと洗顔のしすぎ

化粧をしっかり落とさないとニキビの元になります。化粧と皮脂が顔にはたくさん残っている状態。それが顔ダニの餌になり赤ニキビになる可能性があります。

また、ニキビが気になるから化粧をしっかり落とさないといけないと思い、洗顔をしすぎている場合も必要な皮脂までも落としてしまい乾燥肌になってしまう為、白ニキビになりやすくなります。過剰な洗顔は控えるようにしましょう。

自分の肌に合わない化粧品

自分の肌に合わない化粧品を使用していると、白ニキビが出やすい状態になります。

偏った食事

栄養バランスが崩れるとホルモン等もバランスよく機能しなくなるためニキビが出来やすい状態になります。外食ばかりだと野菜不足になりがち。食物繊維なども摂りにくく、ビタミン不足に陥りがち。

便秘でニキビができる

便秘も、白ニキビと深く関係しています。肌に美容的効果を与えてくれるビタミンは、腸内細菌によって合成されるのですが、便秘を起こすことによって腸内にビタミンが作られなくなってしまうため、老廃物もたまり白ニキビが出来やすい体質に繋がります。

頬杖など

ほおづえは圧迫刺激となりニキビの原因になります。皮膚を刺激することでニキビを発生させてしまうことがあるので注意が必要です。

まとめ 古い角質をため込みすぎないようにする

ニキビになる原因がわかれば、真逆のことをしたら治ります。

保湿も食事も、白ニキビを作らないために大切なこと。運動も取り入れて、身体の循環をよくすることが大事です。

乾燥が白ニキビにとって大敵なのでしっかりと保湿をすることも重要。乳液や美容液等で程よく保湿して、肌が潤いを保てるように気をつけます。

古い角質を取り除き、毛穴に角栓を詰まらせないようにしましょう。白ニキビを作らないことが重症化しないポイントです。

【関連】ニキビ跡を消したい!赤みを改善する治し方

「PR」

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン
(ニキビが治った後の本格ケア!!ニキビによるシミ美白ケア用美容液)

スポンサード リンク

-健康

© 2020 ナレッジ!雑学