1月~4月

白川湖で1ヶ月だけ見られる水没林の神秘

2019年1月19日

日本には美しい絶景の景色がいくつも存在します。山形県白川湖もその1つです。この場所では日本とは思えないほどの美しい絶景を見ることができます。ただし、わずか1か月程度。

もやパンダ
山形県が水に沈んでいくパラー!木も沈んでいくパラー!地球は終わりパラー!火星人に助けてもらうパラー!

白川ダム湖の水没林が美しい

これは山形県の白川ダム湖です。毎年、この場所では約1か月くらい水没林が見られる観光スポットでもあります。

山形県にある白川ダム湖では、毎年1か月程の限定で、水没林を見ることができます。

このダムは56年に、洪水や渇水を防ぐ目的でダムが作られました。では、なぜ水没してしまうのでしょうか?

雪です。暖かくなる時期に山に降り積もっていた雪が、雪解け水となってダム湖の上流に流れてくるのです。この増水により、ダム湖公園を覆いつくします。

期間的にはだいたい4月下旬からヤナギの水没林が出現し始めます。田植えのために放水される5月下旬まで。その後は水位が下がっていきます。

白川湖の場所

「PR」国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

まとめ 白川湖には幻想的な水没ヤナギが1か月間見られる

ジブリにでてきそうな神秘的な場所です♪この奇跡的な期間には、多くの観光客が集まるスポットになっています。

もやパンダ
一度は見てみたいパラ~♪

【関連】山形県「大沼の浮島」が動く理由とは

スポンサード リンク



-1月~4月

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.