雑学と豆知識

「疲れたときに甘いものを欲しくなる」が逆効果になる理由とは?

2019年1月18日

疲れたら甘い食べ物が欲しくなりますよね?

チョコレートと炭酸ジュースの組み合わせが最高で、疲れがどこかへ飛んでいく感じです。

ところがどっこい!

実はそれ、「気持ち」だけなのです。

実際は甘いものを疲れたときに取るのは逆効果だと言われています。まさかの落とし穴ですが、いったいどういうことなのでしょうか?

気になりますね。


疲れたときは甘いものが欲しくなるパラ。ゼェ~ゼェ~

疲れたら甘いもの!は逆効果の理由

疲れたときに甘いものが欲しくなりますが、実は、甘いものを疲れたときに摂ると逆効果になります。

結論から言うと、疲れたときに甘いものを摂取すると逆効果になる理由は、お菓子に含まれる砂糖が原因です。

砂糖は糖質ですが、お菓子には大量に使われています。大量の砂糖が身体に吸収されると血糖値が急上昇し、インスリン、アドレナリンやドーパミンなどの脳内物質が分泌されます。

甘いけど疲れるお菓子!

インスリン

すい臓から分泌されるインスリンは、血液中のブドウ糖を細胞に吸収・蓄積させる作用があります。

血液に含まれるブドウ糖の量を示す血糖値が糖質により急上昇し、インスリンの量が増加するとブドウ糖が少なくなり低血糖状態を作ります。

これは過剰に分泌されたインスリンは血液に含まれているブドウ糖を過度に細胞へ取り込ませたり、肝臓へ蓄積させたりするからです。

一時的な高血糖状態を引き起こす高血糖は、過剰なインスリンの分泌を引き起こし、低血糖になっているのです。

アドレナリンとドーパミンとは

アドレナリンは興奮を促し、ドーパミンは快感を促すホルモンです。

疲れたときに砂糖がたくさん入った食べ物、飲み物を摂ることで、興奮と快感を得ることになります。

錯覚。

疲れが取れたと錯覚してる状態です。アドレナリンとドーパミンの分泌は長くは続かないため、すぐに疲労感が身体を襲うことに…。

インスリン作用とトリプルでやってくることになります。

疲れを回復させる方法

疲れを摂るにはどのようにしたら良いのでしょうか?

肉や大豆に含まれるタンパク質やビタミンB群を摂るとエネルギーが沸いて疲れが回復します。また、レモンやグレープフルーツに含まれる酸っぱい成分のクエン酸にも疲労回復効果があります。

クエン酸は血流もよくするため、美容とダイエットには効果的です。この他にも、軽い睡眠をとることでも疲れは回復します。

まとめ 甘いものが欲しくなるのは錯覚

脳に騙されていました。疲れたときに甘いものが欲しくなったら気をつけましょう。逆に疲れてしまいます。



食欲を刺激!にんにくがたっぷりはいった【焼肉のたれ にんにく10倍】
食欲を刺激!にんにくがたっぷりはいった「焼肉のたれ にんにく10倍!」。匂いは強烈で臭いかもしれませんが、匂いの成分が胃腸を刺激し、胃液の分泌を促進したり、胃腸の働きを活発にします。 疲れが溜まって食欲がないときなどにぜひ食べてみてください。



飲むお酢/琉球もろみ酢 ちゅら花
黒麹発酵でつくられた、アミノ酸クエン酸たっぷりの「飲むお酢」です。クエン酸:1,652mg(梅干し約3個分)アミノ酸(必須アミノ酸を含む): 3,045mg(リンゴ酢の約10倍)。これらは普通のお酢を遥かに超える良質な成分量です!ツンとこない、優しいお酢です。

【関連】同じ絵なのに男性と女性で見え方が違う脳の不思議

何か聞こえる…、怖~い怖~い恐怖の動物園…

【関連】【動物園アニメーション】

-雑学と豆知識

© 2020 ナレッジ!雑学