面白い雑学

ドライヤーの冷風の意味ってなに?髪が綺麗になる使い方

お風呂あがりに濡れた髪の毛を乾かすために使われるドライヤー。温風だけで使っていませんか?はたまた、夏は冷風、冬は温風という具合に使い分けていませんか?

日本製のドライーヤーには必ずといっていいほどついている冷風機能は、絶対に使ったほうがいいです。

もやパンダ
人間はドライヤーを使うパラ。温風は早く乾くから便利パラ。冷風はなんでついているパラ?

ドライヤーの冷風機能で髪ツヤツヤ

正しいドライヤーの使い方をすることで、驚きの効果を得ることができ、髪がツヤツヤになります。いったいどういうことなのでしょうか?その理由は次にあげられます。

髪のセットが長持ちする

髪は熱に反応しやすく動きやすいです。反面、冷やすと固まる性質を持っています。

ドライヤーの温風で乾かした場合は髪が暖かいままになります。この状態で寝てしまうと寝癖の原因になったり、髪型が崩れる原因になるのです。

8割程度温風で大まかに乾かした後、冷風を使い髪質を固めることで髪の毛のセットが長持ちしやすくなります。

これは、クセのある髪質を持つ人にも効果的です。ストレートにブローした後に冷風をあてて冷やすことにより、髪のボリュームを抑えることができます。

髪がツヤツヤになる

髪のツヤを作り出すのは「キューティクル」という髪の一番外側にある部分です。

冷風を髪にあてると、キューティクルが閉まるため、髪にツヤが出ます。また、キューティクルが閉まることにより髪の栄養分が逃げず、潤いのある髪にすることが出来ます。

キューティクルはうろこ状に重なり合って出来ていますが、健康な髪はこのキューティクルのうろこが綺麗に並んでいるため、ツヤのある髪質です。

しかし、傷んだ髪はうろこがバラバラになっているため、パサパサとした見た目になってしまいます。

キューティクルは髪の一番外側にありますが、紫外線などから髪を守る働きがあると共に、熱に弱い性質を持ちます。

そして水に濡れるとキューティクルのうろこがバラバラになる特性をがあります。

キューティクルのうろこは冷やされると綺麗に並ぶ性質をもっているため、冷風によって髪を冷ます事で綺麗に並びツヤが出るのです。

「PR」Nobby by TESCOM
(美容室・サロンシェアNo,1ドライヤーブランドNobbyから誕生)

スポンサード リンク

まとめ 冷風機能はいいことづくめ

冷風はある程度乾いた髪を仕上げるときに使えばキューティクルを引き締めることができます。髪のつやにつながります。

また、冷やすことで形を整えることもでき、髪を傷めにくいので、ぜひ冷風をドライヤーの仕上げに使うようにしましょう。

もやパンダ
温風のみで髪を乾かしてしまうと髪の水分が不足してパサパサした髪になるパラ。冷風でキューティクルのうろこを綺麗にするパラ。

【関連】髪が広がる原因と対策

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学