雑学と豆知識

ドライヤーの冷風の意味ってなに?髪が綺麗になる使い方とは?

2019年1月18日

お風呂あがりに濡れた髪の毛を乾かすために使われるドライヤー。

温風だけを使っていない?

または、夏は冷風を使い、冬は温風という具合に使い分けていませんか?日本製のドライーヤーには必ずといって良いほどついている「冷風機能」は、絶対に使ったほうが良いです。

髪が綺麗になるから!


人間はドライヤーを使うパラ。温風は早く乾くから便利パラ。冷風はなんでついているパラ?

ドライヤーの冷風機能で髪ツヤツヤになる!

正しいドライヤーの使い方をすることで、驚きの効果を得ることができ、髪がツヤツヤになります。その理由が次にあげられます。

髪のセットが長持ちする

髪は熱に反応しやすく動きやすいです。反面、冷やすと固まる性質を持っています。

ドライヤーの温風で乾かした場合は髪が暖かいままになります。この状態で寝てしまうと寝癖の原因になったり、髪型が崩れる原因になるのです。

寝癖あるあるw

8割程度温風で大まかに乾かした後、冷風を使い髪質を固めることで髪の毛のセットが長持ちしやすくなります。

これは、クセのある髪質を持つ人にも効果的です。ストレートにブローした後に冷風をあてて冷やすことにより、髪のボリュームを抑えることができます。

髪がツヤツヤになる

髪のツヤを作り出すのは「キューティクル」という髪の一番外側にある部分です。

冷風を髪にあてると、キューティクルが閉まるため、髪にツヤが出ます。また、キューティクルが閉まることにより髪の栄養分が逃げず、潤いのある髪にすることが出来ます。

髪がツヤツヤになる!

キューティクルはうろこ状に重なり合って出来ていますが、健康な髪はこのキューティクルのうろこが綺麗に並んでいるためツヤのある髪質です。

ところがどっこい!

傷んだ髪はうろこがバラバラになっているため、パサパサとした見た目になってしまいます。

キューティクルは髪の一番外側にありますが、紫外線などから髪を守る働きがあると共に、熱に弱い性質を持ちます。そして水に濡れるとキューティクルのうろこがバラバラになる特性をがあります。

そこで!冷やす!

キューティクルのうろこは冷やされると綺麗に並ぶ性質をもっているため、冷風によって髪を冷ますことで綺麗に並びツヤが出るのです。

まとめ 冷風機能はいいことづくめ

冷風はある程度乾いた髪を仕上げるときに使えばキューティクルを引き締めることができます。髪のつやにつながります。

また、冷やすことで形を整えることもでき、髪を傷めにくいので、ぜひ冷風をドライヤーの仕上げに使うようにしましょう。

温風のみで髪を乾かしてしまうと髪の水分が不足してパサパサした髪になります。冷風でキューティクルのうろこを綺麗にできます。



サロンシェアNo,1ドライヤーメーカーが作った本気のドライヤー
Nobbyブランドは、50年以上の老舗ブランド。長野県にある自社工場で製造されMade in Japanを誇るドライヤーです。国内約70%の美容室で使われているサロンシェアNO.1ブランドNobbyから誕生したNobby by TESCOM。



Re:beau
60℃の低温ドライヤーのため過度に水分を飛ばしてしまう乾燥を防ぎます。超高濃度イオン(3000万イオン)の噴射により、髪に付着したウイルスの除去や消臭効果が期待できます。

【関連】髪が広がる原因と対策

-雑学と豆知識