面白い雑学

謎の模様石の正体が判明!【山梨県南部町上佐野川】

2019年1月19日

山梨県の山奥に古代文字のような謎の模様が刻まれた正体不明の巨石が存在します。細い山道をひたすら突き進むとその巨石が川岸に姿を現します。

もやパンダ
山梨県の奥深くに謎の石があるパラ・・・。宇宙人のメッセージパラ・・・。

山梨県南部町にある謎の石とは

想像以上の大きさとミステリアスな模様の正体とは?

世の中には不思議なことが多くあります。山梨県南部町にある謎の石もその一つ。この石は「宇宙人が残したメッセージ」だともいわれています。

宇宙人のメッセージとして有名なものは、「ナスカの地上絵」のようなミステリーサークルですが、山梨県南部町で見つかった宇宙人のメッセージだとされているものは、「巨大な石に刻まれた古来の文字のようなもの」。

この巨大な石に近づいていくと…。

「何だコレ!?」


(出典:4.bp.blogspot.com)

右上には犬?のような動物が走っているように見え、石の下のほうでは犬らしきものが止まっているように見えます。そして、中央奥には謎の渦巻柄。

完全なミステリーが目の前に現れます。これはいったいなに?

謎の石がある場所

エイリアンが書き残した目印ともいわれる謎の巨大な石は山梨県のどこにあるのでしょうか?

さぞかし山を登って、また山を登って、蛇道のような場所を突き進み~…。険しい山道の奥深くにあるかと思いきや、実は、狭い道ではあるものの車やバイクが通れる林道脇にあります。

その場所は、山梨県南巨摩郡南部町上佐野にある「佐野川」。

  1. 身延線・内船駅・井出駅の脇に急な坂があります
  2. 踏み切りを渡り山を登りましょう
  3. 林道をひたすら登っていきましょう!
  4. 「宮の下」バス停(南部町営ばす)の看板が見えてきたら分岐があるので上に進みます。目的の場所は近いです!

天子湖(日本軽金属・柿元ダム)の脇を越えていきます。また、内船駅から登る場合は、「ぴゅあ峡南」方向へ向かいます。林道から川が見えるので、ひときわ大きな石を探しながら探索しましょう。



(出典:design-archive.pref.yamanashi.jp)

山梨県南部町上佐野川にある謎の石の正体とは

川には数多くの石があります。上流から流れてくる大きな石は、川に流されるたびに角が取れてしまい、丸くそして小さくなっていくのが一般的。

上流にあったゴツゴツとした石も、川の下流にいくとコロコロとした小さな石になります。

でも、この山梨県南部町上佐野川にある巨大な石は、他の石に比べてひと際目立つ存在に!

考えられるのは、「上流から転がらずに周囲の地層から崩落した石」、「宇宙人が持ってきた石」…。

夢も希望もありませんが、前者のほうが確立が高そうです。っとなると、崩落した石に宇宙人がメッセージを残した可能性がある?

宇宙人?彫刻家?

ただ、この謎の石には説があります。この謎の模様は近辺で暮らす彫刻家(芸術家)が、芸術の作品として石の模様を描いたというもの。

宇宙人なのか?

芸術家なのか?

それとも、人の姿をした宇宙人が芸術家に化けて残したのか?

人間の芸術家が作ったとすると、手彫でどれほどの時間がかかったのでしょうか?石を削って形にする仕事はありますが、曲線までとても美しく描けています。

そもそも、なぜこの場所に描いたのか?謎。

謎の模様石の真相

番組「何だコレ!?」で謎の石が紹介されました。そこで判明した石の真相とは?

33年前ほどに彫刻家が掘ったそうです。

そして、現在はニューヨークに住んでいます。掘ったのは、ケン平塚という人物。一本の線で描く「ワンラインアート」と呼ばれる手法で描かれています。

26歳に、知人から山梨県にいい石があるから掘ってみないかといわれたことがきっかけで挑戦することになったようです。製作時間は2週間で、泊りがけで掘りました。

「PR」国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

まとめ 彫刻家の作品

もやパンダ
この芸術家は宇宙人パラ。「メン・イン・ブラック」で人の中に宇宙人がいたパラ。宇宙人がケン平塚さんを操って描かせたかもしれないパラ・・・。

【関連】山形県「大沼の浮島」が動く理由とは

スポンサード リンク

-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.