面白い雑学

LINEに既読機能がある理由は東日本大震災がきっかけだった!

2019年1月18日

LINE最大の特徴である既読機能に隠された意外な事実とは?スマートフォンを使用している人は「LINEアプリ」を入れている人が多いと思います。

LINEは、電話とメールの間のような使い方が出来るため、その真新しさから一気に普及しました。

ところで、このLINEには「既読」という機能がついていますが、この機能をつけた理由は意外なところにあったのです。

どこを見渡してもスマホユーザーばっかり。ガラゲーユーザーがかなり減ってしまいました。ガラゲーを片手で「パカッ」とあけるあの爽快感が最高だったのに…。LINEが既読機能をつけた理由は諸説ありますが、その中の一つに「東日本大震災」が関係しています。

もやパンダ
みんなスマホでLINEしてるパラ。なんで既読機能をつけたパラ?焦って返事を返さないといけないパラ。

LINEに既読機能がつく理由は東日本大震災がきっかけ

東日本大震災が発生した2011年3月中旬に、今のLINE株式会社の会長の李海珍(イ・ヘジン)さんが出張で東京にいました。

震災直後は電話がほとんどつながりません。そんな中、TwitterなどSNSが家族や友達との連絡手段になっていました。

李海珍さんは、被災者が泣きながら家族と連絡を取ろうとしている場面をテレビで見て、「コミュニケーション道具は結局、大切な人との疎通を強化するのに使うものではないだろうか」という考えが浮かんだといいます。

李海珍さんはすぐにプロジェクトチームを発足。1ヶ月半後に「LINE」を誕生させました。李海珍さんは「東日本大震災を思い出しながら、自分がどこにいるかを教えられる位置送信機能を追加した」とコメントしています。

要するに、既読機能は安否確認をするための機能です。大切な機能になります。

また、LINEの開発元でもある「NHN Japan」代表取締役社長の森川亮さんも語ります。「相手にメッセージが表示されると『既読』と出ますが、あれは震災でスタッフの安否確認をしている時に、読んだかどうかわかるといいよねという話になってでてきた機能です」。

「PR」【iPhone修理あいさぽ】

まとめ 生きていることを伝える手段

確実に言葉が相手に届いていることを示す「既読」の機能ですが、「既読機能があるため、相手に返信しなければならないと思いますか」との質問には、「思う」と回答した学生が80%を占めています。

逆に「返信しないといけない」と、プレッシャーになっているのも事実のようです。

もやパンダ
「既読」が表示されるということは相手が生きている証拠パラ。

【関連】電話で声が変わる原因は本人じゃないから!

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.