人間関係がうまくいかない原因とは?【対人関係の解決策】

スポンサーリンク

学校、職場など、多くの人が人間関係について少なからず悩みを持っています。

人間関係を良くするコツ。

難しい対人関係ですが、改善する方法はあるのでしょうか?

いったいどのようなコツがあるのでしょうか?


人間同士関係作りが大変らしいパラ。

スポンサーリンク

人間関係をよくするコツ

世界に比べて特に日本人は周りの目を気にする民族でもあるため、できるだけ周囲と仲良くしておきたい傾向が強いです。

しかし、そのことで疲れてしまう人もたくさんいます。人はそれぞれ考え方が違うので、人間関係を良くするのは並大抵のことではありません。

人と人が仲良くなる良い方法、人間関係を良くする方法のコツを見ていきましょう。

人間関係を改善する方法

SNSの普及により、一緒に遊ばない友達とも関係性を広げられ、つなげられる時代になりました。

良い点がある反面、ちょっと嫌になればボタン1つで連絡を絶つことができるため、「絶交」が簡単にできる環境にもなっています。

ただ、SNSはあらゆる線と線で繋がっているため、絶交をしたことが瞬く間に仲間同士で広がることに…。

このこともあり縁を切りたいなと思っていても、絶交をできずに悩んでいる人たちが大勢います。

男性が不倫相手と別れたい場合は晴れた昼の理由

男性が不倫相手と別れたい場合は、メールを送るタイミングが重要です。メールを欲しがっている時間よりも一歩遅らせるのがポイントになります。

女性は会話が始まると感情がヒートアップしやすい傾向がありますが、返信を1歩遅らせる事で、相手の感情を徐々に収めることが出来ます。

気持ちを抑えようとしてすぐに返事を返してしまうと逆効果になってしまうようです。

別れを切り出すタイミングは、天気の良い晴れた昼がべスト!

このタイミングに厳しいことを言うと女性のダメージを最小限に抑えることが出来ます。週末や夜中などは一人ぼっちの状態になり、心が暗くなりやすいためダメージが大きくなる人が多いようなので注意が必要です。

穏便に別れたい時には相手がポジティブな状況に言うようにしましょう。

信頼が壊れる言葉「ずっと前から」

信頼関係が壊れる言葉は、「ずっと前から」。

男性は嫌な事があればその場で言うため、根にもつことがなく関係が長続きしやすい傾向にあります。

しかし、女性は協調性が高いため、嫌なことがあっても長い間言わずに我慢する傾向が強いです。

小学生や高校時代のときには我慢していた女性が、成人になった時に「あの時さ、ずっと前から思ってたんだけど」というフレーズが相手にとっては不快を感じる原因になります。

長い間言ってくれなかった事に不信感を抱くようになり、「他にもあるのでは?」と思うようになり、一気に関係が崩壊してしまいます。

仲直り出来る魔法の言葉「達」

「同じ」ことが多ければ多いほど友達関係は長続きしやすいです。この「同じ」は、共通点であり、同じ女優さんが好き、誕生日が同じ、血液型が同じ、なんでもOKです。

また、職場の机の上にお菓子を置くと会話量がアップするためコミュニケーションが高まり、人間関係が改善され、生産性のアップに繋がります。

そして、喧嘩相手と仲直りするには会話中に「達」をつけるとよいです。会話中に「達」をつける事で、「2人で一緒に」と考えてくれていると思い、気持ちが落ち着きやすくなります。

まとめ 相手の心理に入り込む

参考にして仲直りしましょう。人間関係を改善することができるかもしれません。また、自分自身がストレスをためないようにすることも大切です。「達」をつけることで「互い」の感情が出やすくなります。


鈍感な世界に生きる 敏感な人たち(楽天)
5人に1人が該当するHSP(とても敏感な人)が生きづらい世の中を“敏感さを武器”に強く生き抜くヒント。


「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本(楽天)
「まわりに機嫌悪い人がいるだけで緊張する」「相手が気を悪すると思うと断れない」「疲れやすく、ストレスが体調に出やすい」「細かいところまで気づいてしまい、仕事に時間がかかる」そんな「繊細さん」たちから、「人間関係も仕事もラクになった!」と大評判。



“音”で心のマッサージ【Simple瞑想】
『シンプル瞑想』と『シンプル集中』は、出力される音を聞くだけでリラックスと精神集中をサポートする装置です。聞くだけで脳波が『アルファ波』から『シータ波』の状態に近づくようにサポートし、リラックスした集中の状態(いわゆるゾーンに入る状態)に近づけてくれます。

【関連】アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言に感動

タイトルとURLをコピーしました