雑学を活かす

ガムテープを剥がすと青白く発光する理由

箱詰めするときに便利なガムテープ。セロハンテープもありますが、粘着力が弱いので紙向きであり、箱には使うことができません。

このガムテープが発光するって知っていましたか?「発光」は自ら光を放つ意味ですが、ガムテープが発光?

ガムテープに電池がついてるわけでもないので、光を放つことができるとは思えませんが、いったいどういうことなのでしょか?

もやパンダ
ガムテープが光るパラ?わけわかめパラ。

ガムテープを発光させるやり方

一見すると、ガムテープが光を放つようには見えませんが、あることをすると、青白く発光します。

やり方はとっても簡単♪

  1. ガムテープを20cmくらいにカット
  2. 同じように20cmカットします
  3. 2枚のガムテープをくっつけましょう
  4. 電気を暗くします
  5. いっきに剥がします!

べりべりべり!

ガムテープが剥がれる部分に注目してみると、そこに青白い光が確認できます。

(参考動画)

光るはずのないガムテープから光を放ちました。

ガムテープが発光する理由

ガムテープは絶対に光らないという概念が崩れ、見事に発光しました。なぜ、ガムテープが発光するのでしょうか?

その理由は「摩擦」です。ガムテープを勢いよく剥がすことで、ガムテープについている粘着物質が摩擦の力によって静電気を帯びます。その際に一気に剥がすと放電がされるため光を発するのです。

  1. 摩擦
  2. 静電気
  3. 放電して発光

摩擦力が強くないと光らないため、何度もカットした同じガムテープでやると効果が出なくなります。

冬場にセーターを脱ぐとパチパチとしますよね。痛いあれです。あれと同じ現象がガムテープで起きています。

強く粘着したガムテープをむりやりに勢いよく引き離すことで、ガムテープの一方がプラス電気、そしてもう片方のガムテープがマイナス電気というように電荷が生じます。

この偏った電気を解放するために、粘着物質の隙間に放電が発生します。

ちなみに、放電時に起きる青い光は、「火花放電」とも呼ばれています。きれいな青白い光ですが、肌に触れると静電気となり痛いため注意が必要です。

まとめ ガムテープが発光するのは放電によるもの

普段、何気なく使っているガムテープですが、知らない間に電気を帯びていることがあります。

静電気は痛いですよね。冬に毛糸系の洋服を着ると、脱ぐときにバチバチします。身体の周囲に電気が発生しているので、車のドアに触れただけでも「バチッ!」。

もやパンダ
ガムテープが光ったパラ!面白い現象パラ!

【関連】風船に針を刺しても割れない方法

スポンサード リンク

-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.