面白い雑学

沖縄は自転車に乗れない人が多い意外な理由

通勤や通学をはじめ、買い物や遊びに行く時など様々な事情で使用される自転車。本土ではよく見られる光景ですが、沖縄では一変、その姿は殆ど見ることが出来ません。いったいなぜなのでしょうか?

日本一自転車屋さんが少ない町の沖縄県。サイクリングには最高の景色で、車よりも自転車が好まれると思いきや実際は自転車を運転する人はおろか、その販売するお店自体も少ないです。いったいなぜ?

もやパンダ
沖縄の人は自転車が苦手らしいパラ。海沿いを自転車で走ると気持ちよさそうパラ。なんでパラ?

沖縄の人は自転車が苦手

沖縄にはモノレールがありますが、鉄道はありません。自宅から駅までの長い距離を通勤などで自転車を使う習慣はないのです。

通勤者が自転車を使用しないことで当然、自転車の専用道路などのインフラ整備されていないし、道が狭くて危険な場所が多い。

買い物などに行く場合も、車の駐車場は無料の場所が多いため目的地で余計にお金を払う必要もありません。そして、意外とアップダウンの斜面が多い地形をしています。

沖縄には意外と坂があります。人力で進む自転車は、本土の場合でも平坦な地形ほど多く普及しています。

さらに、沖縄はその経度により暑い日が続き、湿度も高く、直射日光が強いため、日焼けや火傷などの問題から特に女性は自転車に乗ることに抵抗を感じているみたいです。

そして、沖縄は海に四方八方を囲まれている島。海風には塩が含まれているため自転車を買っても数ヶ月から数年で塩害の被害に合う確率が高く錆びてしまいます。

沖縄は台風の通り道です。台風がきたら家に自転車を格納して置かなければ悲惨なことに…。そして、沖縄県のアスファルトにはサンゴの粉末を混ぜている所もあるため場所によっては滑りやすくなっています。

  • 鉄道がない
  • 道が狭くて危険
  • 自転車専用道路が少ない
  • 駐車場料金は無料の場所が多い
  • アップダウンが多い地形
  • 暑い
  • 湿度が高い
  • 日焼け
  • 火傷
  • すぐに塩害で錆びる
  • サンゴ粉末のアスファルトで滑りやすい

「PR」国内線の比較・購入サイトの決定版【格安航空券モール】

スポンサード リンク

まとめ 自転車は沖縄で不向き

子供から大人まで自転車に乗ることが苦手な人がたくさんいます。自転車に乗る機会がない反面、自動車やバイク所有者が多くいるのが沖縄県。

ちなみに、同じ島であるハワイでは自転車が普及しています。ハワイでは自動車道路に自転車専用道路が整備されていて走行しやすく、アメリカ人はサイクリングが好きなためインフラ整備が発達しています。

もやパンダ
インフラ整備や傾斜の場所が多いパラ。暑い気温と海風による塩害パラ。沖縄の人にとって自転車に乗るメリットがあまり感じないのかもしれないパラ。

【関連】自転車のサビを取る簡単な落とし方

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学