短距離・長距離で足が速くなる驚きのトレーニング方法とコツ!

スポンサーリンク

運動会、持久走大会など、走る場面はたくさんあります。足を速くする方法とは?

練習とツボさえつかめば、誰でも今よりも速く走ることができます。やり方を見ていきましょう。

[st-kaiwa1]足が速い人と遅い人がいるパラ。足が速くなるツボを知りたいパラ。[/st-kaiwa1]

足を速くするコツとは

足を速くするスペシャリストが、某番組で子どもたちの足を速くするとっておきのツボをレクチャーしました。見ていきましょう。

長距離走で足が速くなるコツ

足が速くなるツボは、頭の中で自分の好きな音楽を思い浮かべて走ること。頭の中でテンションの上がる音楽を流します。

持久走などの長距離走では、前半にリラックスをする曲、例えば「エンヤ」を流し、後半にテンションの上がる曲、例えば「perfumeのポリリズム」などをテンポ早めに流します。

短距離50m走で足が速くなるコツ

腕の振りは、こぶしを目の高さまで振ること

腕を振ることによって、全身の力で走ることが可能になります。前に振るときには目の高さ、後ろの肘は肩の高さまで上げて振りましょう。

けんけんでバランス感覚を鍛える

走っているときには片足になるため、自分の身体を片足で支えることが重要です。けんけんでバランス感覚を鍛えましょう。

姿勢よく走るために一点を見る

上半身が揺れてしまうと精神面で辛くなるため、視線が一点を向いていると安定して走ることが可能です。

正しい姿勢を作るには、足を揃えて腕を真上に上げます。この時に腕が耳の後ろにくるように気を付けましょう。目一杯伸ばしたら腕を戻します。

まとめ 走り方をかえてみる

[st-kaiwa1]1番を目指すパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】大車輪(鉄棒)成功のコツとやり方

タイトルとURLをコピーしました