斉唱と合唱の違い

スポンサーリンク

国歌斉唱、合唱コンクール。

斉唱と合唱がありますが、国歌合唱や斉唱コンクールとはあまり耳にしません。この違いの差はどこにあるのでしょうか?

気になりますよね?


合唱コンクールがあるパラ!コンクール楽しみパラ。ぬぉ?国歌斉唱があるパラ。斉唱と合唱は何が違うパラ?

スポンサーリンク

合唱と斉唱の違いとは

合唱と斉唱は、どちらも複数の人が同じ曲を歌ったり、演奏したりします。

学校でみんなと一緒に歌う「合唱」。

そして、学校でみんなと一緒に歌う「国歌斉唱」。

どちらの意味も似たようなイメージがありますが、合唱と斉唱の違いが次にあげられます。

合唱のわかりやすい意味

合唱は、複数のパートをそれぞれ複数の人が歌うことを指しています。違う旋律のパートが合わさって一つになるので、独特の美しさを出すことができます。

合唱は責任重大!

パートがずれたら大変です。ユニゾンとも呼ばれる斉唱は、パートに分かれて歌うような合唱曲の中でも、パートが同じ旋律を歌う部分があれば、その部分は斉唱と呼びます。

斉唱のわかりやすい意味

斉唱は、複数の人が同じ旋律を歌うことを指しています。国歌斉唱は皆で同じパートを歌います。

コーラスとも呼ばれる合唱は、パートの数によりパートが二つの二部合唱、パートが三つの三部合唱などがあります。女性だけで歌う場合は女声合唱、男性だけで歌う場合は男声合唱と呼ばれています。

チームワークが重要!

まとめ 斉唱は同じパート、合唱は複数のパート

合唱コンクールはパートが異なる声で魅了します。国歌斉唱はみんな同じパートを歌います。

関連「もりそば」と「ざるそば」の違い

タイトルとURLをコピーしました