10代が本を買うときにネット通販より書店を選ぶ理由

スポンサーリンク

本を購入する場合、どのようにして買いますか?昔はほとんどの人が本屋で購入したのではないでしょうか?

現在はインターネットの普及に伴い通販で購入する人が増えています。欲しい商品を探してボタンを押し進めるだけで後は到着するのを待つだけ。非常に便利な時代になりました。

多くの人がインターネットを使い本を購入していますが、インターネットを多く使う10代は、なぜかインターネットの通販で購入するよりも本屋で購入する人が多いようです。

[st-kaiwa4]本屋に10代が多くいるパラ。最近はスマホやガラゲーがあるパラ。ネットでダウンロードしたらいいパラ?なんで本屋にわざわざ来てるパラ?[/st-kaiwa4]

ネット世代の10代が本屋で買う理由

調べたのは日本通信販売協会(JADMA)が実施したアンケートによるもの。アンケートは全国の10~60代の男女1000人を対象に行われました。

過去1年間の書籍購入先を質問すると、10代では書店が82.7%と高く、電子書籍を除くネット通販は36%に留まります。

ネット通販の利用率が高かったのは40代(57.7%)、50代(52.7%)となり、ほかの年代に比べて書店の利用率は低い傾向にあることが判明しました。

JADMA担当者はこの調査結果について驚きます。「若い世代の方がネットに親しんでいるため、通販をもっと利用しているかと思っていた。書店で実際に手に取ってみることを重視しているようだ」とコメント。

本を手にとって確認したかっただけなのでしょうか?

総額を抑えたい心理

実は、この理由だけではないようです。インターネットでは通販を利用する場合に、その多くがクレジットカード払いを使用します。10代はクレジットカードを持たないため本屋さんで購入する人が増えている要因ともいえます。

そして、通販サイトによっては送料もかかり、さらに振込手数料もかかります。出来るだけ安く買いたい若い世代にとっては「本単体」だけのお金で済ませたいのです。

まとめ 余計な購入費用をはらいたくない心理

じっくり選んで買う習慣を付けておくと、インターネットで通販をやり始めた時に「慎重な気持ち」を作ることが出来るのでトラブル防止にも役立ちます。

[st-kaiwa1]本代以外のお金がたくさんかかるパラ。お金そのものを蓄えている人が少ない年代パラ。実際に本を手にとってじっくりと読みたい本を選びたいと思っている人も多いパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】濡た本の戻し方「冷凍・ドライヤー・挟む」どれ?

タイトルとURLをコピーしました