雑学を活かす

ウインクの仕方は?誰でも簡単に上手くなる練習のコツ

ウインクができますか?片目をつむりながら片目を開けるのはなかなか難しい動作です。綺麗にウインクができるとかっこいいですよね?

その反面、片目を閉じるともう片方の目まで連動して閉じてしまう人もいます。ウインクをしたくてもできないのです。

ウインクができる人とウインクができない人は、双方でいったい何が違うのでしょうか?

ウインクができる人とできない人の違い

ウインクができるとかっこいいし可愛い!でも、ウインクができない人もいます。

ウインクができない人は、顔の表情筋がうまく使えていないのが原因です。特に目の周りの筋肉を使えていないので、うまく使いこなせるようになると綺麗なウインクができるようになります。

まぶたを閉じる際には、主に二つの筋肉を使います。目を閉じるときに必要な「眼輪筋」と目を開くときに必要な「上眼瞼挙筋」です。

ウインクがうまくできない人は、この2つの筋肉が思うように使えていないということ。

スポンサード リンク

目を開く筋肉を意識する!ウインク練習のコツ

ウインクをするときに何を意識しますか?「ちゃんと目を片方だけ閉じることができるのか?」だと思います。

でも、実は逆。ウインクに重要なのは目を開く筋肉を意識すること。

ウインクができない人がウインクをやろうとすると、ウインクをする方の逆の目も一緒に閉じてしまいがちになります。理由は、閉じようとする目に釣られて、もう片方のまぶたも閉じてしまうから。

人の防衛反応上、仕方がないものでもあります。目にゴミが入ったり、危険なものが目の前に飛んで来たら両目を瞬時に閉じて目を保護しなければいけないためです。

ウインクを上手にするには、目を開く筋肉の方をしっかりと抑えてあげる必要があります。目を閉じることを意識するのではなく、目を開くように意識しましょう。

ウインクを綺麗にする仕方!トレーニング方法

目を開く筋肉は普段から使い切れていない人が多いです。試してみましょう。なにも考えずに目を大きく開いてください。

どうでしたか?

っというのも、目を開くときに、おでこや眉毛周りの筋肉に頼っているからです。目を開いたときにこれらのパーツが上に行きませんでしたか?目を開く筋肉を使いこなせていない状態です。

それでは目を開くための筋肉を鍛えていきましょう。

  1. 額が上がらないように手で抑える
  2. 目の周りの筋肉だけで大きく開き10秒キープ

ポイント!

目を開くときに、おでこや眉の筋肉ではなく、目を開く筋肉を意識することが重要です。手を置くことで目の筋肉だけを動かしやすくします。

とにかく慣れることが大切

人の目はカメレオンみたいにバラバラに動きません。右と左の眼を別々に動かすことに慣れていないのです。

そのため、片目だけを大きく開くという感覚を身体に覚えさせる必要があります。

  1. 片方の目を指で開く
  2. もう片方の目でまばたきをする

何度も繰り返すことで筋肉が鍛えられて動きを脳が記憶。上記二つのトレーニング方法により、ウインクを綺麗にできるようになります。

まとめ 目の筋肉を鍛えるとウインクができる人になる

ウインクができる人は目の筋肉がマッチョマンになっています。自由自在に目の筋肉を使うことができるのです。

ウインクができない人は目の筋肉をトレーニングをおこない鍛えましょう。

ウインクができるようになるだけではなく、老化をすると皮膚が垂れてくるので、目の周囲の筋肉を鍛えることで長い間、ぱっちり目を維持できるメリットもあります。

【関連】黒目の位置が目の疲れやすい原因になる!疲れ目を治す方法

スポンサード リンク

-雑学を活かす

© 2020 ナレッジ!雑学