「肌色」はいつから消えた?

面白い雑学
スポンサーリンク

肌色と呼ばれる色は、人の肌の色を意味しています。しかし、現在では「肌色」とは呼びません。若者たちは「肌色」と呼ばないのです。

普通に使っていた色の名前が世代で違いました。お年寄りには驚きの呼び方とは?世代ギャップの色呼び違いを見てみましょう。

肌色は、オレンジと黄色を混ぜたらできる肌の色。肌色の方がイメージしやすいですが、なぜ呼び方が変わったのでしょうか?肌色の呼び方は時代と一緒に移り変わった歴史があります。

[st-kaiwa4]ちょっと前までペールオレンジのことを肌色って呼んでいたみたいパラ。[/st-kaiwa4]

肌色がペールオレンジに呼び名が変わった理由

肌色の呼び方が時代と共に変わりました。実は、1999年あたりから徐々に「肌色」の呼称が消えていったのです。

その理由は、人種差別問題にあたるため。日本人が普通に使っていた「肌色」は、オレンジと黄色の中間に当たる色ですが、白人や黒人からすると肌色は「白」や「黒」。

同じ日本人でも個人によって肌の色は違うため、一様に「肌色」を定義するのは差別にあたると判断がされました。

でも、「肌色」で育ってきた人にとってはなんだか寂しい気もするかもしれません。この世代の場合だと、ペールオレンジで肌色は想像しづらいです。

オレンジの意味合いが強くなるため違和感を感じる人もいると思います。ただ、グローバル化した日本だから難しいところ。

肌色は現在、ペールオレンジ・うすだいだい・ライトオレンジなどと呼ばれています。

いつから肌色の呼び名が変わった?

  • ~1999年
    → 肌色
  • 1999年~2000年~
    → うすだいだい
  • 2001年~
    → うすだいだい
    → ペールオレンジ
    → ライトオレンジ

まとめ 時代と共に変わる呼び方

日本絵具クレヨン工業組合によると、05~06年には、ほぼ全てのクレヨンから「はだ色」という呼称が消えました。

そうなると、「空色」は「水色」。でも、空には灰色の曇りや夕日のオレンジ、いろんな色があります。そもそも「水色」は水の色?「透明」が水の色ではないでしょうか?

[st-kaiwa4]世の中はよくわからないパラ。考えるだけ大変パラ。[/st-kaiwa4]

【関連】まつざか先生の彼氏「徳郎」が爆弾テロで死亡【クレしん】

タイトルとURLをコピーしました