「クエバ・デ・ラス・マノス」不気味な手形の正体とは

スポンサーリンク

アルゼンチンの巨大渓谷にズラリと謎の手型が刻まれています。これはいったいなんなのでしょうか?


(出典:d1d37e9z843vy6.cloudfront.net)

これは…、アルゼンチンのサンタ・クルス州の渓谷にある手形です。

[st-kaiwa3]ぬぉー!!?恐怖パラ!ホラーパラ!だじげでーパラー!!岩に手形があるパラ!幽霊パラ!呪われるパラー![/st-kaiwa3]

9000年前のクエバ・デ・ラス・マノス

一見すると不気味な手形ですが、この手形は幽霊のものではありません。

古代の人々の手形です。壁画が無数に残る洞窟「クエバ・デ・ラス・マノス」と呼ばれています。「クエバ・デ・ラス・マノス」は手の洞窟という意味。

クエバ・デ・ラス・マノス

アルゼンチンにある「クエバ・デ・ラス・マノス」は、サンタ・クルス州ペリート・モレーノの南163kmに位置し、無数の手形の跡の洞窟壁画が印象的な洞窟で、1999年にユネスコの世界遺産に登録されています。

アルゼンチンパタゴニア地方にある洞窟はピントゥーラス川渓谷にあります。洞窟の深さは24m、入り口の幅15m、高さ10m。洞窟内は上り坂で高さは2mもなくなるほどどんどん狭まっていく造り。

洞窟内に描かれた手形の洞窟壁画はテウェルチェ族の祖先に当たると思われる先住民族により、9000年ほど前から描かれたものです。

絵具には鉱物が使われており、それを吹き付けるのに使われた骨製のパイプが見つかっているため、年代を導き出しています。

手形は、絵の具を手に付けて描かれたものではなく、洞窟の壁に手をつき、その周りに塗料を吹き付けることで、手形を浮き上がらせる手法ですが、手形以外にもネコ科の動物や人、太陽なども描かれています。

手形が描かれたのは9000年前ですが、塗料を吹き付けた手形は約紀元前550年頃で、手に絵の具をつけて作った手形は約紀元前180年以降と推測されています。

ただ、狩りの絵は9000年以上になると推測されています。手形のほとんどは左手。このことからパイプを利き手(右手)に持っていたことが推理出来ます。

手形が洞窟に残された理由とは

日本は縄文時代が始まろうとしていたときに、ここではすでにアートが生み出されていました。

この場所では、聖地とされる洞窟に成人になるための通過儀礼として手形を残したという説が有力とされています。

「PR」航空券
(格安航空券・海外旅行の【エアトリ】 渡航・宿泊・旅行)

まとめ 儀式で手形を残していた!かも

[st-kaiwa3]幽霊じゃなくてホッとしたパラ・・・。なにも知らないでこの洞窟にたどり着いたらびっくりするパラ。[/st-kaiwa3]

【関連】宮城の資料館に眠る「鬼ミイラ」の正体とは

タイトルとURLをコピーしました