なぜ手術着は「緑色・青色」?命を守るための重要な理由とは

面白い雑学
スポンサーリンク

病院の医師や看護師は白衣に身をまとっています。しかし手術室の中では緑や青の服に身をまといます。いったいこの違いとは?

病室に患者がいますが、白は清潔なイメージといろんな色が目立つことにあります。患者さんの異変に気づきやすいので、ベッドの色も白にしています。

しかし、手術室にいる人は緑や青色です。いったいなぜ?

[st-kaiwa2]白衣の天使はやさしいパラ~。なんでみんな白色の服着てるパラ?[/st-kaiwa2]

手術室の服が緑の理由

手術中、医師は赤い血液や内臓を長時間見続けなければいけません。一箇所を見つめた後に視線を外すと、赤の補色である緑色の残像が残ってしまうのです。

これを「補色残像効果」・「陰性残像」と呼びますが、濃い色を見たあとに白い部分をみると残像として残ることがあります。

手術は一刻を争う時間との闘いですが、残像がとれるまでの時間が無駄になってしまいます。また、手元が見えにくくなるため医療ミスのリスクも上がってしまいます。

このため、手術着や手術室は医師の目を撹乱させないように青と緑を基調としたものが多いのです。

この他にも、青や緑はリラックス効果を与える色でもあり、とくに緑は目の疲れを低減する色彩効果もあるので、手術をする人にとってはありがたい色になります。

まとめ 手術着の色は医療ミスを防ぐため

[st-kaiwa2]手術の患者さんにかけている布も緑色か青色パラ!目の残像を防いでいたパラ。[/st-kaiwa2]

【関連】レントゲンで息を止める理由

タイトルとURLをコピーしました