雑学を活かす

証明写真の写りを劇的に良くするコツとポイント!

2019年1月19日

自動車などを運転する時に必ず携帯しておかなければいけない「運転免許所」ですが、更新時期が来るたびにブルーな気持ちになります。

その理由は証明写真を撮らなければいけないからです。ブルー免許なら3年置き、ゴールド免許なら5年置きにブルーなお時間がやってきます。

気にしない人もいますが数年間変えることができないので、ふとした時に身分証明書の変わりで提示することがあると、「あの時ちゃんと撮っておけばよかった」と後悔してしまう人も多いのです。

もやパンダ
ぬぉー!!失敗したパラー!!

証明写真の写りを良くするコツとは

「写真を撮りにいったけど、うまく撮れなかった・・・。」失敗は誰にでもおこります。証明写真を綺麗に撮る方法はないのでしょうか?見ていきましょう。

とくに女性は免許書などの顔写真が貼り付けられている身分証明書を提示する場合は気になる人が多いです。どうせ撮るなら綺麗に撮れたほうがいい!

証明写真で写りが良く見えるポイント

  • ニキビやシワなどが目立たなく美肌に見える
  • 大を大きく見せて目がはっきりとわかるようにする
  • 寝癖などはNG!しっかりと乱れないようにする
  • 真顔の中に笑顔を入れる

顔を美肌に見せるテクニック

モデルスタジオやテレビのスタジオでは芸能人の肌を綺麗に見せるために照明がたくさん配置されています。

運転免許所や証明写真を撮る場所にも照明は配置されていますが、適度な場所に光の量が足りません。

そこで「膝の上に白いハンカチを乗せます」。このハンカチがレフ版の変わりになり光を反射させるので暗い印象を持たせる影をなくし、立体感を出すことができます。

光が反射することでシミやシワなどの小さなものが見えにくくなります。白い服の撮影が可能なら白い服が良いでしょう。同じようにレフ版の代わりになります。

目を大きく見せる

人は目を見る習性があります。その印象をよくするために目を大きく見せることが大切です。

しかし、大きく開けることに全力になりすぎて、おでこのシワを寄せてしまいがち。あくまでも目をしっかりとナチュラルに開くことが大前提です。

真顔だけど柔らかく

写真を撮るときに満面の笑みは逆に注意されることもあります。運転免許所や履歴書用の写真は尚更です。しかし真面目な真顔だと受け取る側は怒っているような印象を持つこともあります。

そこで唇を左右に少しだけ伸ばして顔全体を緩くします。“真顔よりのやりすぎない笑顔”がポイントなので一度鏡を見ながら確認してみるといいかもしれません。

首筋はしっかりと見せる

首のラインを見せることで写真に写っている上半身全体がスッキリとした印象になります。

Vネックなど鎖骨がほどよく見えるとシャープに見えますが、男性の場合はスーツでネクタイを締めている方がしっかりとした印象になるので、撮影目的により柔軟に対応しましょう。

姿勢の重要性

運転免許所や証明写真を撮るときはほとんどが座って撮ると思いますが、立っていても座っていても背筋をまっすぐにしてあごを引き、胸を張ることが重要です。

しかし、引きすぎると二重あごになってしまうので、カメラレンズの少し上を見るような感じにします。

芸能人の証明写真から学ぶ

ダレノガレ明美

秋元才加

キンタロー。

キンタロー。さんの証明写真は光の当て具合や鎖骨もしっかり見えて清潔感があり特に綺麗に見えますね。

証明写真でNGな撮り方

  • 目を大きく見せるコンタクトレンズやカラーコンタクトをつけている
  • 目が髪や衣類などで隠れている
  • スナップ写真
  • 幅の広いヘアバンド
  • 笑い顔
  • 口が開いている
  • 目線が正面ではなくどこか斜めを向いている

「PR」“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座
(わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット)

まとめ 証明写真は最大級の美タイミングで撮る

カメラでいろんなものを撮っていると光の入り方で被写体の印象が大きく変わります。

もやパンダ
納得する証明写真の撮り方は難しいパラ。納得できた写真が撮れると嬉しいパラ。

【関連】写真で赤目になる原因と対策

スポンサード リンク



-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.