雑学を活かす

幽霊に憑依されたときの症状と対処法

2019年1月19日

憑依能力って知っていますか?幽霊が生身の人間にのりうつるこわ~い能力。

もやパンダ
「憑依能力」って本当にできるパラ?そもそも憑依能力ってなにパラ?

憑依能力とは?回避できる?

オカルトの話になってしまいますが、憑依とは自分以外の別の意思が自分の肉体に移り操ることを言います。

自分の中に複数人の人物が存在する多重人格とは違い、完全な別人が入り込むため、意味合いは異なります。ホラー映画や書籍で憑依はよく表現されています。

憑依なんてありえない?

いえ…、「憑依」は身近に起こるできごとです。ただ気づいていないだけのことが多いのです。

しかし、中には危険な憑依があります。この霊にとりつかれたら厄介!心霊スポットを訪れた人が霊に取り憑かれて、言動がおかしくなる様子がよくTV番組で流れています。

低級霊

ほとんどの場合は軽い段階ですが、その状態を放置していると、どんどん悪化してしまい霊能力者でも手がつけられなくなってしまう…。

低級霊は悪意を持って人に取り憑きますが、低俗霊とは位の低い神で、成仏できなかった不成仏霊のこと。自分が死んだと理解できなかったり、受け入れることができないでいる浮遊霊や地縛霊がそれにあたります。

ある日「突然死」を迎えてしまった。

数秒前まで元気だったのに今はもうそこにいない。そんな状況を理解できないのです。これらの低級霊に憑依されると、精神的に落ち込みやすくなり気持ちが不安定になってしまいます。

さらに強く肉体に憑依されると異常な行動を取る場合も…。

高級霊

無事に成仏できた神でもある高級霊の場合も、人に憑依することがあります。これは悪意というよりも何らかの必要なメッセージを伝えたい時に特定の人間に憑依するのです。目的が達成されると憑依を解いて、正常の状態に戻します。

悪霊

低級霊も行きすぎなければほとんど軽い除霊で身体の外に出せるため大丈夫。問題はタチの悪い「悪霊」です。

悪霊は、ヒーリングや「気」と呼ばれる「チャクラ」を選んで憑依してきます。

第三の目と言われる第六チャクラに憑依を受けると、犯罪者として手を染めたり、喉に位置する第五チャクラに憑依されると、感情のコントロールが出来なくなるためキレやすくなります。そして、自殺を引き起こす最悪な憑依も…。

動物霊

憑依は死んだ人間だけが使えるものではありません。動物霊も人間に憑依します。

動物霊は下級霊よりも格下にあり、浮遊している動物霊たちが天国にいくには自分たちよりも位の高い人間に憑依すること!

人間にとりついて上へ上へ少しでも天国に近づいて成仏しようとしています。

生霊

その人が生きているのに、ある特定の人物に対する憎い感情が抑えきれずに壱「生霊」を作り出します。そのターゲットになる人を攻撃してしまう生霊は憎しみからできているため大変危険な霊です。

憑依された時の対処法

もしも憑依された場合にはどのようにしたらいいのでしょうか?簡単なチェックをしてみましょう。

  • 鏡で自分を見ると違和感を感じる?
  • 鏡がなんとなく怖い
  • 周りから人が極端に違うみたいと言われる
  • 喜怒哀楽が激しい
  • 肩が重かったり、頭痛がひどい
  • なぜか急に攻撃的になる
  • 神社やお寺がなぜか急に嫌いになった
  • これまで興味がなかった趣味になぜか芽生える
  • 記憶がない行動をとるようになった
  • 目に生気が感じられない

※該当するからといって憑依しているとは限りません。しかし念のため気を付けておきましょう。

憑依の初期症状であれば、自分自身で対処することができます。ちょっと体調が悪くて、エネルギーが弱っていたりすると、精神的に疲れて「気」が乱れてしまいます。

エネルギーが弱まっている時に身体に入りやすくなるため、この時に霊は近寄ってきます。

体調が戻ったり精神的なストレスから解放されてエネルギーが戻ると、霊は居心地が悪くなり、自然と離れます。健康でいることが最大の防御策!

まとめ 元気な人間には憑依しづらい

「気」を高く保つように、規則正しい生活と、体調管理に気をつけることが重要だと言えそうです。

そして、ネガティブなマイナス感情を長く持ち続けていると霊も同じ「気」を感じて近寄ってきます。ポシティブに考えましょう!

睡眠不足や夜型の生活もエネルギーを下げる要因で暗い場所を好む霊は近寄ってきます。そして物が散乱した汚い部屋も危険!掃除をして部屋を綺麗にしましょう!

もやパンダ
霊・・・怖いパラ・・・。

【関連】旧本坂トンネルと浅間神社で起きる恐怖の心霊現象とは

スポンサード リンク



-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.