面白い雑学

爪の縦線と横線の違いとは?

2019年8月4日

爪を見るとあることに気がつきませんか?

気づかない?

少し角度をずらしてみましょう。太陽の光が光沢のある爪を反射するように角度をずらしてみます。

そう、爪をよく見てみると縦線に模様が入っていることに気がつくとおもいます。でも、中には横線の人もいます。横に線が入っている場合には少し気を付けておいたほうがいいかもしれません。

健康な爪ってどんな感じ?

爪はとても重要な組織です。爪がなければ力をいれることができません。健康な爪とはどのようなものなのでしょうか?

まず最初に言えることは、ピンク色をした爪が健康的だということ。そして、透明感があるということ。血行が良ければ健康的なピンク色をしています。

爪の形はどうなのでしょうか?爪の形はなだらかな弧を描いています。

爪の健康は、爪の成長速度にも比例します。爪が伸びる速度は、1日約0.1ミリほど、1ヶ月に約3ミリ程度と言われていますが、健康状態がいい場合には伸びる速度が速くなります。伸びる速度に関してはあくまでも目安なので覚えておきましょう。

ちなみに、爪の根本にある白い部分も成長速度によって大きさが変わります。

  • ピンク色
  • 透明感
  • なだらかな弧

【関連】爪の根本にある白い部分って何ですか?

爪が縦線に割れている原因

爪の模様が縦に割れている原因はなんなのでしょうか?

人は年を重ねると老化をします。皮膚も重力にまけて垂れてきてしまいます。お肌のハリも失われます。

老化

爪も同じように年を取ります。爪に縦線ができている場合で、健康状態や栄養状態に問題がない場合には「老化」が原因です。気にする必要はないでしょう。ほとんどの人が縦線になっていると思います。

爪にしっかりと栄養を送ることで老化を遅くすることができます。それには栄養バランスを考えた食事が必要です。

血行不良

人の身体には血管が張り巡らされています。指の先までありますが、血管は栄養を全身に運ぶとても大切な組織。

血液の循環が悪くなると栄養が思うように得ることができなくなるため、縦線が入ることがあります。

この他にも、爪の乾燥や、鉄分不足などの疑いもあるので、どうしても気になるような場合には専門医の受診を受けると安心です。

  • 老化
  • 血行不良
  • 乾燥
  • 鉄分不足

など

爪が横線に割れている原因

縦線に割れているよりも、気に留めておきたいのが横線に割れている場合です。爪に横線が出るのは、爪の根本にある甘皮を傷つけてしまったことで、爪の育成に支障が生じている可能性があります。

爪を強い衝撃で挟みませんでしたか?

爪は根本から押し出すような形で成長をしているので、その根元に不具合があると、ボコボコとした爪で成長してしまう恐れがあります。甘皮に傷がないか確認しましょう。

自分で爪のケアをする人も要注意です。自分が思っている以上に強い力で爪をケアしている恐れがあります。爪がダメージを受けて横線になる可能性も。

外的要因を避ければ爪の成長とともに横筋は消えていきます。それまでは可能な範囲で爪をガードするといいでしょう。

また、爪の栄養素である亜鉛などが不足をしている場合や、ストレスが溜まっている場合にも横線になりやすいです。ストレスはあらゆる病気に発展しやすいので、日ごろからストレスを緩和することが大切です。

  • 物理的衝撃
  • ストレス
  • 栄養不足

など

まとめ 爪の横線には特に注意

爪は健康のバロメーター。爪の色や形に変化があれば、身体のどこかで不調をきたしている可能性があります。一概に「それは病気だ!」とは言えませんが、爪で自分の体調を把握する1つの目安にすることは可能です。

過度に心配する必要はありませんが、常日頃から爪のケアをしていると、異変に気がつくのも早くなると思います。病気は早期発見が重要です。

【関連】なぜレシートで爪を磨くとピカピカになるの?

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.