金融辞典

お金はどうやって始まったの?歴史を紐解く

2019年7月19日

日本のお金の歴史には、どのようなことが起きていたのでしょうか?歴史を見ていきましょう。

日本のお金の歴史とは

普段何気なく使用しているそのお金は、そもそも「何なのか」?

お金は、お札や硬貨などを指し、「通貨」と呼ばれます。欲しいものを効率よく交換するために道具の役割を果たしています。

遥か昔、お金というものはなく変わりの取引になる道具は「物」でした。しかし、物々交換は価値が違うと取引がうまくいかなかったり、イノシシなどの生物などが対象の場合は、保存も大変なため、代わりになる効率のよい物を探した結果、お金が誕生したのです。

この時代のお金は、貨幣(かへい)を意味し、「貝殻・金・穀物」などが利用され、その後時代と共に紙幣に変化をして行くことになります。

紙幣や硬貨のお金の誕生により「保存」が可能になったため、目的を持ったお金の運用をすることが出来るようになりました。

その使い道は、生活のために必要な物事や欲しい物を手にしたい物欲のために使う一般的な使い道の「消費」、株や不動産など、生活に余裕を持たせたり豊かにするために使う道の「投資」、衝動買いやギャンブルにより、生活の価値が落ちてしまう使い道の「浪費」があげられます。

ただし、投資に関してはマイナスに働く場合もあります。お金の価値は世界経済により日々変化をしているため、通貨を世界的に安定させることが大事であり、経済とお金は密接な関係にあります。

「PR」初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
(DMM FX新規口座開設)

スポンサード リンク

まとめ 物から紙幣へと変わる

お金も時代と共に便利なものへと進化していきました。

スポンサード リンク

-金融辞典

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2020 All Rights Reserved.