くすぐると笑うのはなぜ?実は怒っていた!

スポンサーリンク

くすぐったい場所とくすぐったくない場所はなぜ存在するのでしょうか?

身体の「うなじ・わき・脇腹・手のひら・内もも・足の裏」は、くすぐったく感じる人が多いです。違いを見ていきましょう。

[st-kaiwa4]脇はくすぐったいパラ。お腹は大丈夫パラ。くすぐったい場所とくすぐったくない場所があるのはなんでパラ?[/st-kaiwa4]

くすぐったい・くすぐったくない場所の違い

「うなじ・わき・脇腹・手のひら・内もも・足の裏」の部分は、感覚神経が集中しているかどうかによります。

うなじ・わき・内ももには太い動脈が流れていますが、少しの怪我でも傷ついたら大変です。そのため、この場所は他の部分よりも敏感になっています。

手の平と足の裏が敏感なのは人間の祖先が昔、四足歩行をしていたことが関係しています。怪我をしないように地面に接する部分が敏感になっているのです。

脇腹も四足歩行の名残でくすぐったくなっています。四足歩行で歩くと脇腹が見えないため、すぐに異変に気づけるように敏感になっています。

くすぐられると笑う理由

なぜくすぐられると「笑う」のでしょうか?人の感情は「怒り」の次に「笑い」が強くでます。

人間は対人関係を円滑にしなければいけない理性が働きますが、そこで人は「辞めて」という怒りを笑いにかえて拒否反応を示しているのです

動物の敏感な部分を触ると怒り出すので分かりやすいと思います。

まとめ 人付き合いを優先して怒りを笑いにかえる

[st-kaiwa1]敏感に反応するのは危険をしらせるためだったパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】ミッキーマウスの意外な誕生秘話

タイトルとURLをコピーしました