面白い雑学

ルーマニア「呪われた森」で起きる恐怖の謎とは

話題になっているのがルーマニアにある「呪われた森」、この森は「Bermuda Triangle」という名前で、ルーマニア中部に位置します。

トランシルバニア地方と言えば、 吸血鬼ドラキュラのモデルとなったとされる串刺し公ヴラド・ツェペシュでも知られています。

この地域に位置するクルージュ=ナポカ市には、「Bermuda Triangle(ホィア・バキュー・フォレスト)」という呪われた森があります。

ルーマニアの「呪われた森」。この場所ではこれまでにも様々な超常現象が多発しています。いったいこの場所では何が起きているのでしょうか?

もやパンダ
呪われた森パラ…。世の中には恐ろしいことがたくさんあるパラ。迷える森の中、恐怖の物語が始まるパラ…。

Bermuda Triangle呪われた森

ルーマニアの「呪われた森」では不可解な現象が起こるとして知られています。UFOの目撃やポルターガイストといったものから、原因不明の光や電気現象、背の高いヒューマノイ ド型の生物が目撃。

さらに、木には魔女のマーク、木々が生い茂る森なのにある一部の空間だけはどんな木を植えても生えない場所もあります。

この不思議な森は3平方km程のミステリアスな森で、足を進めると訪問者は激しい不安感にかられるそう…。

一部の人は原因不明の頭痛や吐き気、発疹や謎の傷が発生する事がよくあります。

そして、これまで足を踏み入れた人達が多数行方不明になっているらしく、 「Bermuda Triangle」という名前も、伝説によると200匹の羊と一緒に姿を消した地元の羊飼い(Baci)にちなんで命名されたと言われているほど。


(出典:trapradar.net/)

不気味な木の形になっています。何かに押されるような強い力を感じます。

虐殺された農民の怨念か?

他の伝説によると、この森の霊の多くはかつて大量に殺害された農民。

その農民らが怨念を抱きながら永遠に森の中を彷徨っていると言われて、その為か心霊写真が多く撮れたり、何処からとも無く人間の声が聞こえてくるEVP(電子音声現象)が記録されたり、電子機器の誤作動、木の中に黒い煙や緑の目が見えたり、浮かぶ生首が目撃されたなんてことも起こるといいます。

異次元に突入?

森の中は時間の進み方が狂っているらしく、 行方不明者を探しに行った村人達がほんの数時間だけ森の中を捜索していたはずだったのに、 外の世界に帰ってみると数日間が経過していたという伝説があります。

また、小さな女の子が森に入って迷子になり、再び森から出てきた時には5歳年を取っていた。しかし、その姿は5歳児のままだった。など、不思議な現象が多々起こる場所です。

カメラに映る白いもや

そして「白いモヤ」が出現しますが、これは肉眼で見ることができません。カメラの静止画や動画でしか出現しない不思議なモヤ。

森を研究している博士によると、鳥をこの場所で見たことがないといいます。また、これまでは土を調査してきたものの何も異変はないとコメントします。

下になにもないということは上が怪しい…。

空に原因があって、何らかの物質やエネルギーがこの場所に降り注いでると推測されます。それは未知のエネルギーかも…。

「PR」航空券
(格安航空券・海外旅行の【エアトリ】 渡航・宿泊・旅行)

スポンサード リンク

まとめ 呪いが漂うルーマニアの森

村人達の間で恐れられていたこの森が世界に知られる事となったのは1968年。生物学者のアレクサンドル・シフトさんが森の上に飛来したUFOの写真を公開したことで、ヨーロッパで注目されいっきに知られるようになりました。

世界中で奇怪な現象が起きる場所がありますが、この森は世界的にも有名な場所として位置付けられています。絶対に一人で近づかないように!異次元に飛ばされるかも…。

昼の森は光がこぼれ落ち、虫の声と小鳥のさえずり、せせらぐ川、癒される森ですが、夜の森の顔は真逆。怖いもの好きにはたまらない場所ですが恐ろしい世界が広がります。

もやパンダ
日本の夜の森も薄気味悪くて怖いパラ。

【関連】新潟県の心霊スポット 熊沢トンネルの真相と行き方

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学