座布団の紐(糸・ふさ)の意味

スポンサーリンク

どの家庭にでもある座布団。

座布団はお客さんが来客したときに敷いたりしますが、よく見ると、座布団の端に糸がついているものがあります。

これ何のため?

座布団の角についている「ふさ」はいったい何のためについているのでしょうか?気になりますよね。

この糸の意味とは?


座布団の端に紐があるパラ。なんのためにあるパラ?

スポンサーリンク

座布団の房がある理由とは

座布団の端についている紐は「ふさ(房)」と言います。

ふさがある理由は、そこに座る人に悪いものが入り込まないようにという邪気払いの意味が込められています。

そして、職人さんの手作りによる座布団は四隅の綿が潰れて痩せないように「座布団の四隅・中央」を昔ながらの「糸」でしっかりと固定しています。

飾りだけでは無く、邪気払いの他にも座布団を長持ちさせる為にあるのです。

  • 飾り
  • 邪気払い
  • 長持ち効果

房つきの座布団は、職人の気持ちも入っている!

まとめ 座布団の糸は邪気払い

最近の座布団は、角房を装飾としてあえてつけている場合が多いですが、元々は座布団の角から綿が抜けにくくするという伝統の技になります。

それに座る人に邪気が入り込まないようにする思いやりも込められているのです。

房にはちゃんとした意味があります。ふさのおかげで悪いものが寄って来ません。ふわふわの座布団を長く満喫できます。

関連大相撲で座布団を投げる行為は禁止【理由】

タイトルとURLをコピーしました