上品な人になる方法とは?

スポンサーリンク

上品な人は美しい。

「ざます」と言いながら、気品あふれる立ち振る舞いで周囲を魅了します。

あの人みたいに上品のある人になりたい!

自分とは違う、何かを持っているあの人に憧れているのではないでしょうか?

自分もあぁなりたい…。

でも、上品になりたいと思っていても、そもそも「上品」ってなに?

何を基準にして上品になるの?

上品に見える人とそうでない人の境界線はどこにあるの?あの人のように真似をしたいけれど、何をしていいのかわからないのではないでしょうか?

そこで、上品に見える人の共通点を見てみましょう。

憧れのあの人に近づくことができるかもしれません。


上品に見える人がいたパラ!かっこいいパラ!上品な人になりたいパラ!

上品に見える人の特徴ってなに?上品な人になりたい!

「上品な人」と言われて誰を思い浮かべますか?

身近な人を思い浮かべるかもしれません。芸能人でいうと、北川景子さんや菜々緒さん、檀れいさん、石田ゆり子さん、松嶋菜々子さん、黒木瞳さん、綾瀬はるかさん、吉永小百合さん、仲間由紀恵さん、浜辺美波さん、ここら辺ではないでしょうか。

どの人も透明感が高くて、いかにも「上品」といったところ。

上品な人に見られる共通点

「上品に見える人」については、人それぞれの見方が違うので、一概には言えませんが、多くの人が共通してイメージする「上品に見える人」はあります。

上品な人に見られる共通点は「欲」。自分の欲を抑えることができる人が、上品に見えます。

人は欲望の塊です。1つの欲が叶うと、次の欲を求めてしまいます。「あれも欲しいこれも欲しい、もっと欲しい!もっともっと欲しい!」と某歌詞のように次から次から欲が止まらないこともあるのではないでしょうか?

欲は誰にでもあるものです。でも、その欲を抑えることができたなら?それは上品に見えることに繋がります。

例えば「バイキング」がわかりやすいかもしれません。

バイキングは好きな料理を好きなだけ取ることができます。人には食べたいという欲求がありますが、普段からバイキングではどのように取っていますか?

たくさん食べたいという気持ちは生き物なので当然あります。でも、一度にたくさんの料理を取っていませんか?「本当にそれ食べきれるの?」と心配になるほどの量を一度にもってきていませんか?

目の前にある美味しそうな料理に対して、自分の気持ちを抑えることができない「欲」に負けていませんか?お皿からこぼれそうな状態になっていませんか?

食べたい欲と物を確保したい欲「物欲」が全面的に出過ぎてしまっています。これではどうみても「上品」には見えません。

上品に見えるコツは、お皿にちょっとずつ料理を乗せるタイプです。フランス料理のようにバイキングを食べる人は周囲からみても上品に見えるでしょう。量を多く取りやすいバイキングだからこそ、上品に見える度合いは大きくなります。

服装とアクセサリー

服装に関しては、過度に露出をしているよりは、肌があまり出ていないほうが上品に見えます。これは、露出部分が多いことで、自分を全面に出したいという欲が溢れているためです。着物が上品に見えるのもこの作用になります。

また、アクセサリーをジャラジャラ付けている人も、自分の持ち物を見てもらいたいという欲が全面に出過ぎてしまい逆に上品には見えません。数点に絞りながら、アクセサリーを少なくしているほうが上品に見えます。

上品に見せるポイント!

  • 質問の回答にちょっと間を持たせる
  • 語頭を高く、語尾が低い抑揚で話す
  • 目的のために最低限の動きに止める
  • 服装の色に同系色を使うと主張しすぎない
  • アクセサリーは控えめに

まとめ 上品は心にゆとりを持つこと

欲を求めすぎると上品に見えることがありません。欲を抑えて相手に尽くす人が上品に見えます。

【関連】「了解」と「承知」の違いとは?失敗しない正しい使い方

タイトルとURLをコピーしました