湯のみに取っ手がない理由

スポンサーリンク

コーヒーカップやティーカップに取っ手が付いていますが、湯呑みには付いていません。

一体なぜ?

コーヒーカップには取っ手がついています。どう考えても、取っての付いているコップの方が飲みやすいですよね?湯呑みには付いていません。

どのような理由があるのでしょうか?

気になりますよね?


ぬぉー!!熱いパラー!お茶が熱いパラー!!

スポンサーリンク

湯呑みに取っ手が付いていない理由とは

湯のみの由来は「湯のみ茶碗」の略です。

茶碗は、奈良時代から平安時代にかけてお茶と一緒に日本に伝来した、お茶専用の陶磁器を指しています。

ところがどっこい!

時代が進むに連れて、次第に「お茶専用」ではない陶磁器も作られるようになりました。そして、「◯◯茶碗」・「茶碗○○」というように、その用途を表す言葉をつけるようになります。

それが「湯のみ茶碗」、「ご飯茶碗」、「茶碗蒸し」。

そして、問題の湯のみに取っ手がない理由は、取っ手があるものと比較をするとすぐに分かります。

マグカップだと、熱い飲み物を入れても取っ手を持ちながら飲むため、手が熱くならならずに飲むことができます。しかし、それは熱い飲み物をそのまま口に運んでしまう危険があります。

取っ手の付いているコップは、手に熱い刺激がないため、口に入れてはじめて熱いと感じるのです。その反面、湯のみは取っ手がないため、持ち運ぶときに、手の平で中に入っている飲み物の温度を感じることができます。

つまり、手に持てないような熱さだったら、もうちょっと冷ましたほうが良いと判断が可能になります。

お茶碗は日本人の思いやりから生まれた!

日本茶の適温は60〜80度と言われています。玉露などの高級なお茶は、最も飲み頃の温度が60℃。湯のみに手を触れて人肌程度の温度が適温です。80℃が適温の番茶は熱いので、湯のみの上部と底を持って飲むようにしましょう。

まとめ 温度を口に入れる前に確かめられる

手の感触でお茶の温度を確かめる役割がありました。火傷をしないようにと、日本人が思いやりで考えた作りだったのです。

関連急須の蓋の向きで味が変わる理由

タイトルとURLをコピーしました