黒目がちが小さい!大きさが違う理由と大きくする方法

スポンサーリンク

多くの女子が気にする「黒目の大きさ」。少しでも黒目を大きく見せたいと専用のコンタクトを入れたり、メイクで工夫したり…。そもそも黒目が大きい子と小さい子の差っていったいなんなのでしょうか?

実はその差は遺伝…、ではありませんでした!もしかしたら、今やっているその目の努力、全然意味がないのかもしれません。

黒目が大きいとたしかに可愛く見えます。猫の目を見ると分かりやすいです。明るい場所だと黒目が縦線になり、少し怖めなイメージですが、暗い場所だとまん丸の黒目になり可愛く見えます。犬になるとほとんどが黒目で覆われています。

[st-kaiwa4]黒目が大きいとかわいく見えるらしいパラ。黒目を大きくしたいと思っている人がたくさんいるパラ。黒目の大きさは違うパラ?[/st-kaiwa4]

黒目がちの大きさ、サイズの違い

人間の黒目の大きさにも違いがあるように見えますが、小さい黒目の人と大きい黒目の人では、その違いの差が気になる人も多いです。

黒目がちとは

「黒目がち」とは、黒目の割合が大きく、白目の割合が小さい目のことを言います。

黒目がちな女性のほうが男性にはウケがいいと言われています。黒目を大きくする方法としてよく用いられているのが黒いカラーコンタクトレンズ。

10代~20代を中心にカラコンを入れて大きくしている人も多いのではないでしょうか?もちろん黒目が小さい方が好きだと言う人もいます。

このように黒目を大きくすることはその人のイメージを大きく変えるちからがあり、その黒目がちの大きさですが、同じ黒目なのに黒目が大きい子と小さい子の差はありません。

成長しても変わらない黒目がちの大きさ

人間の黒目は産まれた時からサイズが変わることはないのです。このため成長に伴い大きくなるということはまったくない話。

赤ちゃんの黒目がちは大きく見えるけど?

これは、赤ちゃんのすべてのパーツが小さいため、黒目が大きく見えるのが理由。大人になってもそのサイズは変わらないため、赤ちゃんの時と比べて小さく見えているだけです。

なぜ大人で黒目の部分が大きく見える“ばらつき”があるのでしょうか?

黒目がちの平均と大きくする方法

日本人の黒目がちの平均サイズは、11.5-12.5mmと言われています。世界的に見ても比較的大きいサイズのようです。

どういうことかというと、瞼を開ける筋肉が強い人は黒目が大きく見えて、瞼が下に落ちている人は黒目が小さく見えている

要するに、瞼を上げることで黒目を大きく見せることが出来る!ということ。黒いカラーコンタクトレンズを使う前に、一度「アイプチ」で印象が変わるか試してみましょう!

「PR」リフトアップ ビューテリジェンス NEWAリフト

まとめ 黒目がちを大きくするにはまぶたをあげる

二重の人の目が比較的大きく見えるのは、瞼が上に上がっているからかも。

[st-kaiwa2]瞼の筋肉を鍛えて黒目を大きく見せるパラ。[/st-kaiwa2]

【関連】黒目の位置で目が疲れやすい原因になる!

タイトルとURLをコピーしました