面白い雑学

耳にツバをつけてプールに入っても意味がない理由

2019年1月18日

プールや海で泳ぐ前に耳にツバを入れる人がいます。なんのために入れているのでしょうか?

耳にツバを入れる?それは泳ぐスピードを早くするためではありません。

もやパンダ
プールにいったパラ。自分のツバを耳の中にいれてるおじいちゃんがいたパラ。どういう意味があるパラ?泳ぐスピードがあがるパラ?耳の中にツバをつけたら早く泳げるパラ?大発見パラ。

泳ぐ前にツバを入れる意味

泳ぐ前に唾を耳の中に入れる人がいますが、ツバの膜によって耳の中に水が入らないように耳を守るためにしています。

本当に唾を耳の中に入れると水は入ってこないのでしょうか?

余裕で入ってきます…。何もしないで水の中に入るのと同じように、耳の中まで大洪水です。意味がありません。

漁師を真似る一般人

なぜ耳の中に唾をいれる習慣ができたのでしょうか?

昔の素潜り漁師は耳栓がないため、柔らかい草を耳に詰めて潜っていました。その時に、草を丸めるためツバをつけていたのです。

ツバで草を濡らすと丸めやすい!

漁師ではない一般の人がこの様子を見ていました。しかし、肝心の草を耳に入れる流れは見ていませんでした。

漁師がツバで耳の穴を濡らす動作だけを見て、それを水に入る前の儀式だと勘違いをして広まってしまってしまうことに…。

そして、儀式からいつ日かツバを耳につけると水が入ってこないと言われるようになりました。

「PR」海でも焼けない NALCパーフェクトウォータープルーフ日焼け止め

まとめ 耳の中に唾をいれても意味なし

もやパンダ
よくあるパターンパラ。耳に水が入ると嫌な人は耳栓が一番パラ。

【関連】海水浴で簡単に砂を取る落とし方

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.