ピアノの鍵盤が白黒の理由とは?

スポンサーリンク

幼いころから慣れ親しんだピアノ。

小学校では学校の授業で心地よい音を鳴らします。

そして夜になるとこの学校にあるピアノは、ベートーベンが弾きだすのです。

この比較的身近にあるピアノという楽器ですが、ピアノを思い浮かべると「鍵盤」が出てくると思います。

ピアノといえば鍵盤です。

でも、その鍵盤の色は黒と白に分かれていますよね?

しかも、どのピアノも同じ。

カラフルにしたほうが弾くほうも楽しくなるかもしれません。逆にすべて白色にしたほうが、かっこいいクールな印象をつけることも可能かもしれません。

なぜ、ピアノの鍵盤は白と黒なのでしょうか?


ピアノ楽しいパラ♪ドレミファソパラ♪歌うパラ…。ぬぉ?ピアノが黒と白パラ。不思議パラ。

スポンサーリンク

ピアノの鍵盤が黒と白の理由

ピアノの鍵盤は白と黒ですが、なぜ「白と黒」にする必要があるのでしょうか?ピアノは手先が器用でなければ弾くことが難しい楽器。手先を動かすため、両極端の色をもってきたほうが見分けやすく弾きやすいから?

いえ、そうなると黒と白でなくても、「赤・青」でもよくなります。

実は、ピアノの鍵盤が白と黒なのは、「一目でどの音がどこにあるのかを判断するため」です。すべてが同じ色だと、半音高い位置の鍵盤が見えなくなります。

ピアノは14世紀頃に登場しましたが、「クラヴィコード」といい、白い板に黒檀が使われていました。現在のピアノと同じような色模様です。

つまり、考え方としては予想通りあっています。

貴族・セレブの意向で色が変化する

ピアノを使ったのはいいものの、年々使うといろが黄ばんでいくことに気づきました。白く清潔感のあった色は黄色くなることで汚れて見えてしまう…。

そこで象牙をつかうことになりました。現在世界的に問題になっている象牙の取引です。時代はバッハの頃。ピアノの白部分には象牙、黒部分には黒檀を使用していました。

しかし、象牙は象の命と引き換えになるもの。その値段は高く、量産することが難しいです。ピアノ1台に現在の価格で例えると数千万円ほどになる計算です。そのため、お金持ちにしか弾くことができない楽器になってしまいました。

黒白逆のピアノが誕生

お金持ちにしか弾けなくなってしまったピアノ。そこで考えました。安い黒檀を白の部分に使えば安くピアノが作れると。

ピアノの鍵盤は白の部分が多いので、反転させようと考えたのです。1800年代では現在とは反転した黒白ピアノが誕生します。そして広く使われるようになりました。

再び反転したピアノの色

今のピアノとは真逆の鍵盤色が主流になりましたが、現在ではその頃とは再び反転しています。

「白黒」から「黒白」に代わり、再び現在の「白黒」に戻っています。いったいなぜ?

実は、お金持ちたちの見栄により変更されたのです。お金持ちは「黒が多くて安っぽい」、「象牙のほうが私にふさわしい」、「白のほうがかったこいい」など、不満が爆発。

すると、お金持ちたちは我さきへと、白い象牙のピアノを買い占めるようになりました。その裏で象の命が奪われていきます。これは困ったことになりました。人間の娯楽のために殺されてしまう象。何とかしないといけない。

そこで、1900年代になると、白い樹脂を使ったアクリル鍵盤が誕生します。これは見た目は白い鍵盤ですが、木の上にアクリル樹脂を塗ったもの。

その後、1975年になると、ワシントン条約により象牙の国際取引が禁止になりました。象牙でピアノが作られることはなくなりました。

まとめ ピアノの色には歴史がある

ピアノは白黒で誕生しましたが、あまりに値段が高いピアノになるため黒白ピアノができました。でも、お金持ちが反発。その結果、白黒に戻りました。

ただ、象牙は使われず、樹脂に置き換わっています。



マンツーマンのミュージックスクール
北海道から九州まで日本全国に展開しているミュージックスクールの「シアーミュージック」。ボイストレーニング・ピアノ・ギター他、多くの楽器のコースをご用意してます。初心者の方も経験者の方も「あなたに合わせたマンツーマンレッスン」だから安心。WEB予約システムでいつでもどこでも携帯・パソコンから簡単にレッスンの予約をする事が出来るなど、通いやすい続けやすいレッスンを提供しています。



【30日で弾ける初心者向けピアノレッスン 3弾セット】
現役ピアノ講師が企画・執筆・制作に携わった初心者のためのピアノ教材。初心者でも楽しくドレミから学べる内容になっています。これまで楽譜も読めず、楽器を触ったことの無い方でも簡単に理解できるような内容になっています。

【関連】モーツァルトの曲を聴くと頭が良くなるって本当?

タイトルとURLをコピーしました