1月~4月

ホワイトデーのお返しでハンカチの残念な意味

2019年1月19日

バレンタインデーが終わり、3月14日のホワイトデーを迎えます。

バレンタインにチョコを貰った人は、お返しとして何かを渡す日。しかし、お返しする物によっては気をつけないといけないものがあります。見てみましょう。

もやパンダ
3月14日はホワイトデーパラ。バレンタインデーにもらった義理と本命関係なくお返しは大事パラ。

ホワイトデーのお返し、ハンカチの意味

1980年3月14日に全国飴菓子工業協同組合がバレンタインデーのお返しに飴を送る日として定めたのがホワイトデーの始まりで、日本独自のまだ新しい文化になります。

ホワイトデーのお返しにハンカチを贈る人は意外と多くいます。しかし、ハンカチの意味を知ったら少し考え直してしまうかもしれません。

ハンカチにはどのような意味が込められているのでしょうか?

ハンカチをプレゼントで贈る事は、ホワイトデー関係なく別れの意味になります。バレンタインデーで気持ちをくれたのに”別れのハンカチ”を贈ってしまうことに…。

自分は意図しなくても相手がそのことを知っていると残念な気持ちになってしまします。

ハンカチは風水に由来しており、中国で「ハンカチは涙を拭くもの」という観念が強くあります。

風水においてハンカチをプレゼントすると言う事は、「永遠の別れ」や「不運」を指し、離れる気もないのに受け取った側は気持ちがよくはなりません。

そして、ハンカチは漢字で「手布」と書きますが、手の平の大きさの布きれという意味になるため、「てぎれ」という意味合いにつながります。「てぎれ」は「あなたとはさようなら」を意味します。

しかし、実際は日本でこういう意味を知らない人の方が多いです。普通にハンカチをプレゼントで渡しても喜ばれるのも事実。ただし、風水に興味がある人にハンカチをお返しするのは気をつけておきましょう。

  • マシュマロ
    → あなたが嫌い・あなたの愛を純白で包む
  • キャンディー
    → あなたのことが好き・付き合って欲しい
  • クッキー
    → 友達でいてください
  • ケーキ・チョコ
    → 特別な意味はなし。自由に解釈できる利点あり。
  • ハンカチ
    → あなたと別れたい(離れたい)
  • マカロン
    → 特別な人

「PR」2-U : トゥーユー
(贈り物で悩んだらトゥーユー)

まとめ ハンカチの意味を知ると躊躇してしまうかも?

毎日ハンカチにお世話になっているのに悲しい意味があったなんてびっくり!

もやパンダ
今から手を洗いにいくパラ。ハンカチを使っていいイメージを作るパラ。

【関連】ホワイトデー「マシュマロ」の深い意味

スポンサード リンク

-1月~4月

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.