「富」と「冨」の違い

面白い雑学
スポンサーリンク

苗字には似たような読み方もありますが、似たような漢字もあります。富田さんと冨田さんの違の差はなに?

[st-kaiwa4]富田さんと冨田さんは漢字が似てるパラ。「幽遊白書」を描いてる冨樫義博さんも「点」がない「冨」パラ。なにが違うパラ?[/st-kaiwa4]

富と冨の違いとは

富のウカンムリがなくなった「冨」の字ですが、富が正字で、冨が俗字になります。

冨は、人名漢字には認められていますが、テストとかで人名漢字以外に使うと冨は俗字になるため「×」になるかもしれません。気を付けましょう。

実は諸説あり、明治8年に「平民苗字必称義務令」で、平民階級も全員戸籍に苗字を登録することになりました。それまでは名前だけでもよかったのです。

苗字を考えるために村の庄屋さんやお坊さんなどに相談しにいき、それぞれ好きな名前を作って登録しましたが、その時に登録した文字が苗字として受け継がれています。

間違えて冨にした説

「富」と書くつもりが間違えて「冨」と書いてしまい、そのまま登録された説があります。

意図があって冨にした説

何か意味を持って冨と変えて登録した説が存在します。

兄弟の関係で冨にした説

また、兄弟説もあります。

富田という苗字を持つ家族がいて、その家族は毎年豊作でした。しかし、その兄と弟が大人になると兄が家をつぐことになります。

そして弟が家をでていき、別の場所でお米を作っていました。お米を偉い人に納めないといけませんが、兄はたくさん納めていました。

しかし、弟はお米が豊作とまではいかなくてあまり納めることができません。「富」という名前なのに「富」とはいえないその生活、収めるお米も少ない。

そこで、兄の富田さんが、「点をとって「冨田」にしたらいい」といったことがはじまりだといわれています。

現在ではこの説が有力です。

「PR」筆ぐるめストア
(簡単操作でオリジナルのはがき・年賀状作成)

まとめ 苗字を考えるのも大変

[st-kaiwa4]苗字を考えるのも大変パラ。[/st-kaiwa4]

【関連】「絶つ」と「断つ」の違い

タイトルとURLをコピーしました