面白い雑学

ハンコと印鑑の違いと失敗しない正しい使い方

2019年1月19日

大事な書類などに使われるハンコと印鑑ですが、その違いはあるのでしょうか?ハンコと印鑑の差ってなに?実は「ハンコ下さい」は正しく、「印鑑下さい」は間違っているのです。

もやパンダ
外国人に印鑑が大人気パラ。ぬぉ?ハンコパラ?印鑑とハンコは違うパラ?

ハンコと印鑑の違いとは

印鑑とハンコはまったく違うものになります。

ハンコは、個人や組織がその当事者であることを証明する印になります。切り口が円形、楕円形、角型などをしていて、棒状の外見をしている特徴があります。

一方の印鑑は、捺印をした時に紙や書類などに残る文字や絵のこと。「この契約書に印鑑を押してください」といいますが、間違えていることになります。

現在は印鑑とハンコを同じものとして扱っている人が多いですが、本来はまったくの別物になるので、「この契約書に印鑑を押してください」は間違った使い方になるのです。印鑑ではなく、ハンコと言わないといけません。

印鑑の起源

日本の印鑑登録制度の起源は江戸時代といわれています。登録していたのは主に武士や商人階級だけでした。

しかし、関所や番所に登録簿があり、そこへ届け出したものを印鑑と呼んでいたのです。印鑑の使われ方は、必要な時に文字や絵を照合して本人確認をしていました。

明治時代になると政府は署名が主流である欧米を見習いはじめます。ただ、署名を採用しようとしたものの、筆跡鑑定などが加わることで事務が大変になるとわかり、また、当時は文字を書けない人も多かったため導入できませんでした。

正しい判子と印鑑の使い方・言い方

判子は切り口が”円形・楕円形・角型”などをしており、形状は棒状。つまり、判子は道具そのものを指しています。そして、印鑑は紙・書類などに残る文字や絵を指しています。

要するに、正しい使い方は「判子を押してください」が正しい言い方です。または、「判子を押して、印鑑の証明をしてください」。

  • 判子
    → 個人
    → 組織の当事者を証明する印
  • 印鑑
    → 捺印をした時に残る文字
    → 絵

「PR」激安超特急印鑑のはんこプレミアム
(個人実印・法人社印などの印鑑通販【スーパーハンコ】)

まとめ 判子と印鑑は意味が違う

もやパンダ
道具そのものがハンコだったパラ。紙に写った文字や絵の物が印鑑パラ。

【関連】証明写真で綺麗に撮る方法

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.