夏みかんは冬に収穫する理由

スポンサーリンク

みかんは、冬に旬を迎えますが、夏みかんがあります。”夏のみかん”なので夏に収穫をするのかと思いきや、冬に収穫をしています。その理由とは?

夏みかんの収穫は冬になります。その理由を見ていきましょう。

[st-kaiwa4]夏みかんの収穫は冬にするみたいパラ。なんでパラ?[/st-kaiwa4]

夏みかんの収穫が冬の理由

収穫したばかりの夏みかんは、このままの状態だと非常に酸っぱいです。夏みかんの酸度は1.3度ですが、収穫したばかりの酸度は1.82度になります。

酸っぱい食べ物として有名なレモンの酸度が約2度になるため、その酸っぱさが想像しやすいと思います。この酸味をどのようにして抑えることができるのでしょうか?

夏みかんは酸度を減酸するために、貯蔵庫などに入れて寝かせています。冬に収穫をして、酸味を落としてから夏に販売をしていたのです。

収穫された夏みかんの特徴

収穫された夏みかんは生存本能によって、果実に含まれたクエン酸を消費します。数ヶ月間寝かせることで、旬の初夏には減酸によって、酸度がほどよく低下します。

まとめ 酸味を抑えるため

貯蔵庫にいれないでそのまま夏まで木に付けていたらよいのではないでしょうか?

初夏まで樹になったままにしておくと、春先に芽や花をつけてしまいます。すると、そっちにたくさんの栄養分が流れてしまうのです。

[st-kaiwa1]芽や花に栄養分が取られないように冬に収穫していたパラ。夏まで待ってたらみかんの中身がスカスカになるパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】甘いみかんの見分け方

タイトルとURLをコピーしました