PR

トイレットペーパーの減りが早い!使いすぎ対策

雑学と豆知識

トイレットペーパーが減りやすいと感じていませんか?

トイレットペーパーもタダではないので、少しでも節約しながら使いたいアイテムです。

気がつくといつの間にかなくなるそのトイレットペーパーですが、トイレの構造がわかれば簡単に解決します!

気になるその方法とは!?


トイレットペーパーがすぐになくなるパラ。使いすぎパラ。資源は大切にするパラ。

トイレットペーパーの減りを抑える方法

トイレットペーパーの減りが多いのはトイレの構造が関係しています。

一人暮らしなのに感じたあの違和感を感じたことはありませんか?

あれ?なんだかトイレットペーパーの減りが早い気がする…

なぜ、トイレットペーパーの減りが早いのでしょうか?

そう考えたときにトイレットペーパーの位置に注目をしてみると、一般的にペーパーホルダーは右側についています。

なぜ?

その理由は、日本人の7割が右利きで多いためです。

日本人の多くが使いやすいように右側についています。

つまり、利き手が右利きであるために、このペーパーホルダーが右側にあることで回す回数が増えてしまうのです。これを逆手に取り、左手で巻くことで量を減らすことができます。

まとめ 使いやすい利便性を求めた結果、回転アップ

気が付くとすぐになくなってしまうトイレットペーパー。

実は、利き手により無意識にトイレットペーパーを余計に回してしまっていたのです。っとなると、ペーパーホルダーを利き手と反対側につけたら回しにくいので、紙が少なくなりますね。

ただ現実的には難しいので、意識して1回転や2回転と決めておくとトイレットペーパーの減り方を抑制することができます。

または巻メートルが長いトイレットペーパーを使うと長持ちしますw。