動物園の餌はわざと取りづらくしている【エンリッチメントの意味】

スポンサーリンク

動物園の餌はワザと取りづらくしているところもあります。一体なぜこのようなことをするのでしょうか?誰もが驚く理由とは?

昔はオリにはいってる動物が当たり前でした。でも、今はオリの展示が少なくなっています。長い間、動物園は土や植物のあるところで動物を飼うのは、タブーとされてきました。

以前は衛生面や掃除のしやすさなど、人間側の都合により動物園の動物たちは暮らしていたのです。

[st-kaiwa4]ぬぉ?なんでパラ?土や植物があったほうが見た目がきれいパラ。[/st-kaiwa4]

エンリッチメントで動物を生き生きと

動物園はこれまで動物たちを長生きさせて、繁殖できる環境「種の保存」を整えることが最重要課題でした。

しかし、それには「病気」という天敵がいます。病原菌をはびこらせないためには、動物の糞や食べ物の残りを毎日しっかりと掃除して、時には消毒をすることが大切になります。

その清潔な環境を維持しやすいコンクリートは都合がよかったのです。

土はバクテリアを生み出してよい状態に保つこともできますが、雑菌が繁殖しやすいデメリットもあります。土は動物園にとって排除すべき対象でした。

そして、シカやシマウマなどの草食動物は植物を食べてしまいます。草は根こそぎたべて木の皮を食べられてしまうため、すぐに立ち枯れしてしまう問題も…。

草を食べない霊長類は大丈夫そうだと思いやすいですが、実は、手先が器用な霊長類は、暇つぶしに草を抜いて遊ぶことがあります。ライオンやトラなどの一部の動物以外は難しい展示方法です。

しかし、現在は草と木がたくさんある中で飼育してる動物園が多いです。これはどういうことなのでしょうか?

定期的に草の種を植え付けています!木の皮が食べられないように柵や網で囲っている場所もあります!

これは「エンリッチメント」の呼ばれています。例えば、ズーラシアは多くの動物が生態展示されていますが、生態展示はその動物が生活する場所を模した展示方法のこと。ズーラシアもエンリッチメントを用いた展示に力を入れています。

エンリッチメントは動物を退屈にさせない色々な工夫をしているやり方です。動物が活き活きと楽しんでくれれば何でもエンリッチメントになります。

ズーラシアでは、餌を数回に分けて与えたり、餌を隠すなどのエンリッチメントを行っていて、動物を飽きさせない工夫をしています。

環境エンリッチメント

環境エンリッチメントは、飼育動物の正常な行動の多様性を引き出す方法です。異常行動を減らして、動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われます。

飼育動物の福祉を向上させるもっとも強力な手段の1つとして世界中で注目をされています。

「PR」カリカリマシーンSP
(会社や旅先から猫犬にスマホでごはん!見れる話せるスマホ遠隔ペット給餌器)

まとめ 動物の異常行動を抑える

限られた空間にいる動物園の動物たちは、刺激がないと異常行動を起こしてしまいます。エンリッチメントの役割は大きいのです。

コンクリートのオリの展示は人に都合がよい展示方法。土・草・木がいっぱいの自然と一緒になった展示方法は動物のことを第一に考えた見せ方になります♪

[st-kaiwa2]自然界の野生動物は常に餌を探してるパラ。自分で餌を探す楽しみで生き生きした姿が見れるパラ。[/st-kaiwa2]

【関連】宮崎県の動物園にいる鯉にエサやりする鳥が可愛い!真相

タイトルとURLをコピーしました