ヘリポート「H」と「R」の意味の違い

スポンサーリンク

ヘリコプターは垂直離陸ができるため災害などで大活躍する乗り物です。ヘリコプターは一度飛ぶと当然、いつかは着陸しなければいけません。

飛んでばかりはいられない!

その着陸場所は「ヘリポート」と呼ばれていますが、マークには2種類あります。

ヘリコプターはヘリポートに着陸しますが、高層ビルの屋上でヘリポートには「H」と「R」のマークがあります。

どのような意味があるのでしょうか?


ヘリコプターすごいパラ!どんなところでも飛べて大活躍パラ!飛行機とは使い勝手が全然違うパラ。

スポンサーリンク

ヘリポートの「H」と「R」の意味とは

その場で飛び続けることを「ホバリング」と言います。カワセミみたいに同じ位置で静止することができます。ヘリポートには「H」と「R」のマークがありますが、なぜ文字が違うのでしょうか?

結論から言うと、ヘリポートの「R」はその場所に降りられないことを意味しています。

ヘリポートの記号

  • H …着陸可能
  • R …着陸不可

この「R」はレスキュー(Rescue)のRを意味しています。空中でホバリングをしながらケーブルを使い、人がぶら下がるなら降りることができますが、ヘリコプター自体は着陸できません。

「R」は救助専用でそのビルはヘリコプターが着陸するぐらいの強度がないのです。

無理やり降りたら倒壊する!

まとめ ヘリコプターが「R」に着陸すると危険!

「H」のビルはヘリコプターが着陸しても耐えられる作りになっています。「R」はシンプルなビルの作りです。着陸することができません。

関連ヘリコプターが宙返りできる条件

タイトルとURLをコピーしました