面白い雑学

車の「助手席」と呼ばれる由来はタクシーが関係していた!

車の隣にある席は「助手席」と言いますが、車の運転を助ける人のことをいうのでしょうか?

実は、正解でもありますが、少し意識が違います。車で道案内は正解ですが、これは今の意識で、昔の由来を見ると違います。

もやパンダ
車の助手席はなんで助手席って呼ばれるパラ?運転手の道案内パラ?眠気覚ましにしゃべりつづける人のためにある席パラ?

助手席の意味と由来

「助手席」という言葉の語源は、もともとはタクシー業界の業界用語でした。大正時代、街中を移動する交通手段は人力車が主流で、エンジンを搭載したタクシーがとても珍しい存在でした。

タクシーには運転手と共にもう一人、お客の乗り降りを助ける人が乗っていました。日本人は着物を着ていたし、車は外車で車高が高かったため。

お客さんは乗り降りするのにとても大変だったのです。そして、車も今のものとは違い、方向指示も助手が手で合図をするもので、さらに、地図やエンジンを始動するときのクランクを回すのも助手の仕事でした。

クランクシャフトレバー

昔は、クランクシャフトに、棒を突っ込み、それを両手で、回転させて、エンジンをかけていました。

運転席ではアクセルの微妙な踏み加減が必要だったために、運転手一人でのエンジン始動は困難で、アクセルを加減する運転手と、エンジンをかける人が必要でした。

助手がいないと車を動かしてお客さんを移動させることは難しい…。お客さんを手伝うために乗っている人はまさに「助手さん」なのです。

それから、助手さんが座る席を「助手席」と呼ばれ、タクシーの台数が増えるにしたがって、助手席が広く伝わり定着していきました。

なぜ現在は日本の車もあり車高も低い、そして着物を着ている人も少ないのに助手席の名前を使い続けているのでしょうか?

昭和になると人件費が高騰していきます。タクシーに助手さんを乗せることがなくなりました。その理由は、人件費を削減するため。

そして車も高性能化したため、一人で運転することも容易になります。でも、一度広まった運転席の隣にある助手席という言葉は、多くの人達に認識されていたため、今も消えずにそのまま現代に受け継がれているのです。

「PR」社宅・寮付きのタクシー求人は【タクQ】 無料転職支援サービス

スポンサード リンク

まとめ 助手席はタクシーの名残り言葉

もやパンダ
助手席と呼ばれるのは、タクシーの助手席に昔、本当に助手が乗っていたからパラ!助手席はなごりパラ。昔のタクシーは大変だったパラ。

【関連】タクシー運賃の料金が上がる瞬間がわかる方法

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学