面白い雑学

「ウサギは寂しいと死ぬ」は嘘!広まった悲しい原因とは

うさぎは小学校でも飼育されているメジャー的な存在なので日本人にとっても身近な動物ではないでしょうか?

うさぎは「鳴かない!匂わない!手がかからない!」と三拍子そろったパーフェクトな生き物になります。

もやパンダ
ウサギを飼う前にする重要なことは「無理をしない生活をイメージ」することパラ。ウサギと生涯共に生きる覚悟で最後まで面倒を見れるのかちゃんと判断してから一緒に暮らすパラ。

うさぎは寂しいと死ぬって本当?

みんなが大好きなウサギですが、「ウサギは寂しいと死ぬ」といわれています。本当なのでしょうか?

そんなことはありません。寂しいから死んでしまうということはないのです。うさぎは本来捕食される動物ですが、ちょっとした環境の変化に強くない動物。

うさぎは完全草食動物なので胃腸は常に動いている必要があります。12時間以上絶食をすると胃腸の動きが停滞して危険な状態に陥ることもあるため、ご飯をあげるのを絶対に忘れないように気を付けなければいけません。

常に胃腸を動かしていないと腸内の悪い細菌が活発に活動を始めます。体調が悪くなり、食欲が落ちると食べなくなります。

世話をしないから餌が食べられず、病気になったサインに気付かないで死んでいた」というのが、「寂しいと死ぬ」といわれるようになりました。

「PR」カリカリマシーンSP
(会社や旅先から猫犬にスマホでごはん!見れる話せるスマホ遠隔ペット給餌器)

スポンサード リンク

まとめ ウサギが寂しいのは世話をしていないから

もやパンダ
忘れずに世話をするパラー!愛情もつパラー!12時間空腹になったら危ないパラー!動物は愛情をもって育てるパラー!

【関連】ラビットアイランド(広島)の歴史とは【うさぎの楽園】

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学