雑学を活かす

パサパサの食パンをふんわり復活させる簡単な方法

2019年1月19日

パサパサの食パンをふわふわにしたい!「4コマ漫画」

米中心の日本食、いつしか西洋文化が入り食文化も変わりました。そしてパンを食べるようになり、現在多くの日本人に受け入れられ愛されている食べ物になっています。

食パンですが、放置しておくとパサパサしてしまいますが、せっかく美味しい食パンなのに、最高の状態で食べたいですよね。復活出来ます!パサパサになった食パンがある方法を使えば蘇るのです。

もやパンダ
パサパサしてるこの食パン・・・時間置きすぎたパラ。ふんわりに戻す方法はないパラ?

パサパサの食パンを復活させる方法

パサパサの食パンは水分が抜けてデンプンやタンパク質が固まってしまっている状態です。よみがえさせる方法があります。

食パンは時間が経つほどパサパサしてしまいます。もっちりふわふわの美味しいパンに戻して食べましょう!

パサパサになった食パンを蘇らせるには、パサパサになった食パンに水をスプレーなどで吹きかけてトースターなどで焼くと、香ばしくふわふわした食パンが復活します。

この他にも、通常の2倍程度の濃い麦茶を吹き付けることで同じような効果を得ることができます。濃い麦茶を吹きかけてオーブントースターに入れて焼くことで小麦の香りが付き美味しく食べれます。

コーヒーやオレンジジュース、ビールでも応用可能で、様々な風味の食パンを味うことも可能です。アルコールを使う場合には、子どもが誤って食べないように注意してください。

パサパサ食パンをしっとりに復活させるやり方

  1. 霧吹きなどのスプレーを用意
  2. スプレーに麦茶を入れる
  3. パンの表と裏に満遍なく吹きかける
  4. トースターで焼く

食パンがふわふわになる理由

なぜこのような現象がおきるのでしょうか?

その理由は、水を戻して熱を加えることにより、デンプンとグルテンが元の状態に戻るためです。この変化によりふわふわに蘇ります。

そして、水よりも効果的な麦茶を例にすると、メイラード反応のダブル効果が起きます。

メイラード反応とは、糖とアミノ酸が熱に反応してきつね色になる現象のことで、トーストを焼いた時に焼き色が付くのがこの現象です。麦茶も麦を炒っている時に同様のメイラード反応が起きています。

「PR」給食パン製造50年老舗オーマイパンが作る【低糖質ふすま粉パン】糖質88%カット

まとめ 水よりも麦茶で試したいパンの復活方法

もやパンダ
水よりも麦茶の方がフワフワの食パンに戻るパラ~♪手軽に美味しいパンが楽しめるから試してみるパラ~♪

【関連】なぜパン屋のパンは袋に入っていないの?

スポンサード リンク

-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.