面白い雑学

ヨーグルトの蓋の裏につかない技術が凄い!

ヨーグルトを食べるときに、蓋の後ろを見てみるとヨーグルトが…。しかし、別のヨーグルトの蓋にはついていません。この違いの差とは?

ヨーグルトのフタは進化しています。裏側にヨーグルトがついたり、つかなかったりする違いを見てみましょう。


(出典:cache.togech.jp)

もやパンダ
こっちのヨーグルトはフタにヨーグルトがついてないパラ。そっちのにはついてるパラ。なんでパラ?

ヨーグルトがフタにつかない驚きの秘密

裏にヨーグルトがついてしまうフタとつかないフタの違いのこの差は、フタがハスの葉みたいになっているかいないかです。

従来品の長年の課題

東洋アルミニウム株式会社と森永乳業株式会社で共同で製品化に取り組みました。そこから生み出された驚きの技術は、撥水性機能を有する包装材料だったのです。

この開発により従来品の長年の課題を解消し、微細構造をシール面側に形成して撥水性を実現しました。

  • 容器開封時に付着したヨーグルトを取らなくてはいけない
  • 食後にごみを捨てる際に蓋を洗わなくてはいけない
スポンサード リンク

蓮の葉をヒントに

ヒントにしたのは蓮の葉。

仕組みはフタに微細な凹凸が無数にあるため、付着したヨーグルトが転げ落ちる性質を利用したもので撥水性機能と呼びます。

撥水性機能となるロータス効果(Lotus Effect)は、植物のハスの葉にみられる効果で、ハスの葉は水に濡れることはありません。

ハスの葉の表面は、非常に小さい数ミクロンの目に見えないデコボコがあります。そして、デコボコの表面には数百分の一の突起が無数に並んでおり、これが葉の表面の水玉がつぶれるのを防ぐ役割をしているのです。

ハスの葉の上の水は、コロコロと葉の表面を転がり、撥水作用によって汚れと共に水を流します。

ちなみにこうした自然界のシステムを応用することを『生体工学』といいます。

「PR」乳酸菌&酵母のケフィア種菌【ケフラン】

まとめ 自然の知恵はすごい

ハスの葉はすごい!水滴がまるで葉っぱの上で踊っているように見えます♪

もやパンダ
これでヨーグルトのフタをペロペロ舐めなくてもよくなったパラ!世紀の大発見パラ!

【関連】ゼリーが容器いっぱいに入っている理由

スポンサード リンク

-面白い雑学

© 2020 ナレッジ!雑学