列車のレール(線路)に隙間がある重要な理由

面白い雑学
スポンサーリンク

列車のレールにはスキマがあります。隙間がある理由とは?列車のレールに隙間があいてるのは普通のことです。っというか、隙間がないと危険です。

[st-kaiwa3]列車のレールにスキマがあるパラ・・・。危険パラ・・・。はやく直すパラ・・・。[/st-kaiwa3]


(出典:cdn.snsimg.carview.co.jp)

列車のレールにスキマがある理由

電車に乗っていると、ガタンゴトン♪ガタンゴトン♪と音がしますが、これは車輪がレールの継ぎ目を通過する時の音です。

レールの継ぎ目にわざと隙間を作っているのですが、その理由はレールが鉄製で作られており、夏になると伸びるため。

包丁とかを作ってる職人が、鉄を熱しながら叩いて伸ばしてる感じです。初めから継ぎ目をピッタリに合わせておくと、鉄が膨張したときにレールの先端がつかえてしまいます。

すると、レールが横に曲がる恐れがあり、脱線のリスクが高くなります。危険です。

継ぎ目にあらかじめ隙間を作っておけば、レールが延びても隙間の部分に収まることができます。

「猛暑でレールが曲がった」

夏になるとよく耳にします。隙間があるのにレールが曲がる?その理由は、想定外の暑さで鉄が伸び過ぎたため。

隙間分を超えて鉄が伸びてしまい曲がってしまうのです。この隙間の基準は会社によってまちまち。夏にあまり暑くならない北海道はレールの間隔は少し狭めになっています。

隙間が狭い方が乗り心地がよくなるためです。

しかし、予想以上の猛暑でレールが伸びてしまいと歪むため、JR北海道では夏の特に気温が上がると予想される日には、散水車でレールを冷やすこともしています。

まとめ 脱線防止の隙間

鉄の性質をよく知ったうえで、意図的に作った隙間になります。

[st-kaiwa2]寒い冬は隙間が広がるパラ。暑い夏は隙間が縮まるパラ。隙間でレールの伸縮を処理していたパラ。[/st-kaiwa2]

【関連】電車内で携帯電話はマナー違反なのに会話はOKの理由

タイトルとURLをコピーしました