ひらがな「へ」カタカナ「ヘ」の違いは?

面白い雑学
スポンサーリンク

ひらがなの「へ」、カタカナの「ヘ」を書くとふとした疑問が…、あれ?これ同じじゃない?

いや、よく見ると微妙に角度が違う気がしますが、何か特別な意味はあるのでしょうか?

[st-kaiwa4]ひらがなの「へ」とカタカナの「へ」…、一緒パラ。なにが違うパラ?[/st-kaiwa4]

平仮名の「へ」とカタカナの「へ」の違い

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「ヘ」の形は何がどのように違うのか気になる人も多いです。何が違うのでしょうか?

五十音で「へ」だけ、平仮名とカタカナの形が同じ理由は、同じ漢字の部首が基本になっているからです

つまり、同じ漢字を変形させたのが「へ」という形。

平仮名とカタカナは漢字をベースにして作られた文字で、その作られた時代は平安時代までさかのぼります。

平仮名の「あ」は「安」のように、元々女性が話し言葉を書き記すために使われた文字でした。一方のカタカナは、男性が漢字にフリガナを付けるために使われた文字で、「ア」は「阿」のように、漢字の一部を省略して作られています。

問題の「ヘ」ですが、平仮名は「部」という漢字を基本にしており、カタカナは「部」の漢字を使用し、「おおざと(部の右側)」を基本にしています。

この「部」という漢字は、「外交部」や「教育部」や「地名」などの名称に良く使用されている使用頻度が高い文字で、普段から「おおざと」だけが取り出され、省略して書かれていた歴史があります。

要するに、「へ」は、平仮名とカタカナ同じ歴史を持った漢字が基本になっているため、「おおざと」を崩していく上で同じ形になってしまったのです。

そのため、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」は、ほんの少しだけ違いの差がありつつも全体的には同じです。

「PR」筆ぐるめストア
(簡単操作でオリジナルのはがき・年賀状作成)

まとめ 同じ漢字から変化した「へ」

文字を崩した過程で奇跡的に「へ」だけが同じになった奇跡の日本文字。

ちなみに、カタカナは漢字の横に仮名を書くのが起源になります。仮名を漢字で書くと漢字ばかりになってしまうので、そこで漢字の一部を切り取ったカタカナが使われました。

[st-kaiwa1]ひらがなの「し」とカタカナの「シ」の元漢字は「之」パラ。他にも同じ漢字が基本になる文字もあるパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】「十分」と「充分」の違いと正しい使い方

タイトルとURLをコピーしました