雑学を活かす

初心者でも簡単にできる写真を綺麗に撮るためのコツ!【光を重視】

2019年1月19日

SNSに自分の顔をアップするも、なかなか上手く撮れないこともしばしば…。

写真は光に大きく左右されます。暗い光では印象が悪くなり、明るい光では印象がよくなります。いろんな撮り方で綺麗に撮ることができますが、その方法を見ていきましょう。

もやパンダ
写真を綺麗に撮る方法はあるパラ?

写真を綺麗に撮る方法

役に立つこと間違いなしの、写真を綺麗に写すためのマル秘テクニックとは?

光とカメラの関係

友達と楽しい食事風景を1枚。インスタグラムではよく見る光景です。でも、みんなが綺麗に取れるわけではありません。中には残念に映る人がいます。

それを回避する方法です。室内では写真うつりが悪くなるNGスポットがあります。それは真上からの光を避けること。つまり、照明の真下は危険です!

上から光が入ると、頬骨の下や、ほうれい線、目の下に老けて見える影が落ちるのが原因となります。

綺麗に写る場所は、外光に対して横向きに場所を移します。凹凸が出来るため、小顔効果になります。

ちなみに、タレントのニコルさんがいつもしている撮影テクニックは、レンズのやや上を見ること。瞳にキラキラが入るため綺麗に可愛く見えます。

「PR」“感動の1枚”をわずか3ステップで撮れる!一眼レフカメラ講座
(わずか3ステップ!プロが教える一眼レフカメラ上達講座3弾セット)

まとめ 光を制するものは美肌を制す

もやパンダ
すごいパラ。簡単に綺麗に撮れるパラ。

【関連】証明写真で綺麗に撮る方法

スポンサード リンク

-雑学を活かす

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.