面白い雑学

コウモリが逆さまの理由とは?なぜ頭に血がのぼらない?

2019年1月18日

コウモリは夕方から夜にかけて森の中から突然姿を現し、昆虫などを探しています。このコウモリは飛んでいない時は逆さまで寝ているのですがなぜ大丈夫なのでしょうか?

人間は逆さになると頭に血が登って「ぼー」っとします。その状態を続けていると危険です。しかし、コウモリは飛んでるとき以外は逆さまになっても、頭に血が登らないようです。

もやパンダ
ドラキュラの映画みたパラ。コウモリは逆さまで生活してるパラ。なんで頭に血が登らないパラ?

コウモリは頭に血が登らない理由

コウモリは逆さまにぶら下がっていても頭に血がのぼることはありません。実は、頭に血が登らない理由があります。

人間の身体には血液が大量に含まれます。また、人間は脳がとても大きいです。この脳を活動させるために血液を頭まで大量に運ぶ必要があります。

人が逆立ちをすると、通常よりも多くの血液が脳へ流れてしまい、高血圧になるため、頭が「ぼー」っとしてしまうのです。

一方、コウモリは脳が小さいです。

血液を大量に送る必要がありません。また、コウモリは身体が小さいため血液を脳まで押し上げる血圧もそこまで必要ないです。

さらに、逆さまになった時に自分の体温を落とすことで最低限の器官にしか血液を送らなくなるため、頭に血も上らなくなります。

コウモリが逆さまで生活する理由

コウモリは哺乳類ですが、飛行を可能にするために体重を軽量化しています。これは身体が重くなる原因の筋肉もほとんどついていないことを意味します。

その代わり、腱が筋肉のかわりに進化しました。腱は骨と筋の間にあるもので、互いを結びつけている丈夫な繊維を思い浮かべるのが一般的ですが、コウモリの場合は逆さまに釣り下がっているときに使用します。

木や洞窟などの天井にぶら下がるときに、独自に進化した強い腱のおかげで、力をほとんど使わずにぶら下がることが可能になりました。

コウモリは外敵に狙われやすい動物です。暑い日でも寒い日でも身を隠せる場所。それが洞窟です。コウモリは哺乳類になるため体温が一定ですが、食事以外の時間は洞窟でじっとしています。

洞窟には蛇などの天敵もいますが、安全な天井にぶら下がることで、さらに安全対策をしているのです。要するに、コウモリは身を守るために逆さまになる特殊進化をしていました。

「PR」【コウモリ駆除navi】
(お電話1本で最短即日対応!)

まとめ 体温を落とせるコウモリ

もやパンダ
体温を下げる代償に動きが鈍くなるパラ。生き物は面白いパラ。

【関連】エコロケーションのやり方!音で見るイルカの世界

スポンサード リンク



-面白い雑学

Copyright© ナレッジ!雑学 , 2019 All Rights Reserved.