デンマークの「ヒュッゲ」に学ぶ幸せを呼ぶやり方

スポンサーリンク

人は幸福を得たい生き物。昨年、世界幸福度ランキング1位を獲得したのはデンマークです。この国では「ヒュッゲ」と呼ばれる言葉があります。どのような意味があるのでしょうか?

[st-kaiwa4]ヒュッゲってなにパラ?[/st-kaiwa4]

ヒュッゲの意味とは?

ヒュッゲは、北欧のライフスタイルのことです。

ヒュッゲ(Hygge)は、デンマーク語で「幸福」・「心地よさ」を意味する言葉になります。デンマークには厳しい冬がありますが、「ヒュッゲ」はとくに寒い冬の乗り越え方として親しまれています。

綺麗な税金の使い道

デンマークは税金をたくさん取る国としても知られています。生活が厳しくならないのでしょうか?そんなことはありません。世界幸福度ランキング1位をデンマークは獲得しています。

税金がたくさん取られるのに幸せ…?

ノルウェー、フィンランド、スウェーデン、デンマークの北欧諸国は、教育・福祉大国と呼ばれています。税金が非常に高いのですが、国に渡した税金のほとんどを教育と福祉に使用しているのです。

現在の日本では税金を増やしても福祉などに回っているお金はほんの少しだと言われているので、日本では老後を心配する人が後を絶ちません。

しかしデンマークでは、国が国民に対して税金の透明性をしっかりと示しているため、デンマークの国民も安心して国に高い税金を払うことができるのです。国と国民の間で信頼関係が成り立っています。

会社の仕事より自分の人生が大事

日本人のほとんどが仕事をする目的は、生活をするために働く場合、楽しいから働く場合に分けられます。

日本では過労死をするほど身を削りながら働く人も多いですが、デンマークの考えは日本とは全く違います。では、デンマーク人の意識はどのように考えているのでしょうか?

「死ぬほど働くなんてありえない!」

北欧社会は自分の人生を第一に考えています。税金がとても高いのですが、その税金は国民へ均一に再分配されます。例え死ぬほど働いても高い税金を取られてしまうので、必要最低限の仕事で止めておく意識が芽生えます。

北欧の人は無理な働き方をしていません。高い税金は教育無料・病院無料で返ってきます。最低限の仕事しかしないため、自分の時間にゆとりが生まれます。

「人生一度きりだから楽しまないと損」

根強く染み込んでいます。ちなみに、税金の率は所得によって決まりますが、所得がある段階に達すると、稼いだ半分は税金として国に支払います。生活に不自由さを感じない程度の所得があれば十分という考えです。

要するに、お金持ちにはなれないけど、みんなが幸せに暮らせる国ということ。

日本人はお金をたくさん稼いで貯金をしないといけない先入観があります。国民性が全然違います。

北欧は福祉や学業が充実し、経済的にも平等な権利が全ての人に与えられています。必死に働いて稼ぐ必要はありません。北欧では国がしっかりと国民を助けてくれるからです。

世界で広がるヒュッゲの輪

最近になり、デンマーク以外の国でも「ヒュッゲを見習おう」という動きが出てきています。

イギリスでは昨年半ばからヒュッゲブームが起き、「キャンドルが灯っている様子をヒュッゲ」・「家族や友達と家でくつろぐこともヒュッゲ」。ストレスのない、自分のための時間を作るヒュッゲに今、注目が集まっているようです。

北欧の伝統的な過ごし方

  • 寒い冬に暖炉のそばで火を見つめながら暖かいホットワインを飲む。そこで家族と何気ない話をする
  • 暖かい部屋でキャンドルをともしながら友人たちと食事をする
  • 好きな雑貨やインテリアに囲まれながら一人で静かに本を読む
  • 自宅でゆっくりとパンを焼いたり料理をする
  • ゆっくりと時間を感じるために部屋の中から外をぼんやりと眺める
  • 日常から少し離れて小旅行をする

日本でも出来るヒュッゲ

日本人と北欧人は文化の違いから考え方が異なります。「日本人に合うヒュッゲ」を取り入れてみるとよいでしょう。

簡単に始めることができるヒュッゲ!

例えば、簡単な手作りジャムを作る。または、日常に花を取り入れて気分をリフレッシュするなど。ソファーでのんびりとコーヒーや紅茶を飲みながら映画鑑賞をするのもグッド!

居心地の良さの追求するヒュッゲ!

家は自分のお城です。居心地の良い快適な部屋で過ごすために掃除をしたり、カーテンを変えてみたり、インテリアを変えるなど、居心地が良いと思う空間を追求していきましょう。

最新技術の多い日本で便利なものを取り入れるヒュッゲ!

日本では日々、あらゆる製品が登場をしています。例えば、100円ショップを利用するのもいいでしょう。

手軽にクラフト・ドライフラワーを始めたり、部屋にアクセントを付けるため、飾りを手作りするのもいいです。クリスマス、バレンタインなどのイベントは手作りキットを利用して料理を楽しみましょう。

まとめ 手軽な気持ちではじめるヒュッゲ

日本は日々、多くの商品が登場しています。自分に合う「楽しいこと」を探すには素晴らしい国です。

[st-kaiwa2]自分の時間を作るヒュッゲで幸福をアップさせるパラ![/st-kaiwa2]

【関連】アドラー心理学「嫌われる勇気」の名言に感動

タイトルとURLをコピーしました