ホテルが忘れ物の連絡しない理由

スポンサーリンク

ある日、ホテルに行くも携帯電話を忘れたままチャックアウトしてしまったとき。

いくら待ってもホテル側から連絡が来ない…。

このような経験を持つ人もいるかもしれませんね。ホテルで忘れ物してもお客に連絡がこない重要な理由があります。

むしろホテル側は連絡をしたくないのです。

気になりますね。

なぜ、ホテルは連絡を拒んでいるのでしょうか?


ホテルに泊まって忘れ物をしたらホテルは連絡しないみたいパラ。どういうことパラ?「お・も・て・な・し」はどこにいったパラ?

スポンサーリンク

ホテルに忘れ物をしてもお客に連絡をしない理由とは

ホテルは、連絡をしないことが、「お・も・て・な・し」になります。

ホテルにはそれぞれ個人の事情で行くことになりますが、その中にはお忍びのお客も多いです。どこから見てもビジネス客。

でも実は不倫だった…。

家出中で家族に泊まっている場所を知らせたくない…。

DVから逃げている。

連絡先がわかっているのに連絡しないというより、連絡をしてはいけないルールを作っているホテルが多いのです。携帯電話や手紙で忘れ物を教えると、違う人が電話や手紙を取る可能性があるため、すぐにバレてしまいます。

ホテルでは基本的に忘れ物があると保管されます。

食品を除いて最低6ヶ月間くらいの期間になるため、気づいたときには早めに取りに行きましょう。確実に捨てても良いとホテル側が判断しているのは、ゴミ箱に入っているものだけです。

連絡をしないこそが、ホテルのおもてなしであり、思いやりなのです。

まとめ 連絡しないこそが、お・も・い・や・り

ホテルに忘れ物があることを気づいたら、自分からすぐに連絡しましょう。ホテル側から連絡が来る可能性はとっても低いです。

関連ホテルで得するハイフロア アサインの意味とは

タイトルとURLをコピーしました