ジャワ島にある鳥形巨大建物の正体とは

スポンサーリンク

インドネシア・ジャワ島の密林にそびえる、正体不明の巨大建造物があります。誰が何のために建てたものなのでしょうか?

鳥の形をした巨大建物です。現在は未完成のまま放置されて廃墟化しているそう。その名は巨大な鳥の形をした巨大建築物「Gereja Ayam」。


(出典:h3.bp.blogspot.com)

[st-kaiwa4]インドネシアのジャワ島はジャングルパラ。このジャングルの奥地にある小高い丘に建てられた謎の建物があるみたいパラ。[/st-kaiwa4]

ジャワ島の鳥の形をした巨大建物の正体

「Gereja Ayam」は、インドネシアの首都ジャカルタで働いていたDaniel Alamsjahさんが、1989年に突然神の掲示を受けたと語り、妻の実家のあるジャワ島中部ジャワ州に位置するマゲラン近くの小高い丘に礼拝堂を建てたのがはじまりです。

鳩の姿を模した礼拝堂として建築されましたが、地元の人達からはニワトリ教会(Chicken Church)とも呼ばれています。

もう、ニワトリにしか見えなりました…。

神を信じる者が集う場所として建てられた「Gereja Ayam」。キリスト教以外にも、日本人やムスリムなど7つもの国から祈りを捧げるために人が集まってきています。

世界中で神を信じている人は多いのです。ただ、Alamsjahさんはこの建築物について「ニワトリでもなく教会でもない。鳩の形をした礼拝堂だ」と訴えています。

そして「Gereja Ayam」は、様々な問題や障害を抱える子どもや若者、薬物中毒者などのリハビリ施設としても使用されてきました。

Gereja Ayamが廃墟の理由

しかし、現在は廃墟になっています。土地の購入や建築費などで約2万1000円(170ドル)を費やしましたが、2000年に建設費用が高騰。

建築費が予想より大きくなっていき、建設中は地元の村人なども協力して作っていましたが未完成のまま現在に至ります。

そして、年を取った Alamsjahさんが丘の上まで行くことが大変になってしまったのです。

年には勝てなかった…。15年前に近くの村に住むことなったAlamsjahさんは、礼拝堂はそのまま放置して廃墟になってしまいました。現在、Alamsjah さんは村の自宅で21人の患者と共にセラピストとして生活を送っているようです。

「PR」航空券
(格安航空券・海外旅行の【エアトリ】 渡航・宿泊・旅行)

まとめ 森の中のニワト…鳩は廃墟した

現在は多くの観光客が訪れる場所になっています。そして、様々な宗教の信者たちがこの家を訪れて神に祈りを捧げています。この他にも結婚式をあげるカップルもいるので、廃墟ではあるものの存在意義はあるようです。

[st-kaiwa1]未完成の建造物パラ。ところどころ脆いところもあるパラ。観光に行くときは気をつけるパラ。[/st-kaiwa1]

【関連】トルコのイスタンブールにある地下宮殿がすごい!

タイトルとURLをコピーしました